本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械・CAD技術科(標準コース)


訓練の概要

  • 日本工業規格(JIS)に基づく機械製図(機械図面を読み描きするためのルール)を理解し、主に2次元CADにより機械図面の作図方法を習得します。
  • 汎用工作機械(ハンドルやレバー操作で加工する機械)で金属部品を加工(削る)するための技術や、NC工作機械(プログラムによって加工する機械)の操作方法やNCプログラムの作成手法(プログラミング)など基礎から応用まで幅広い技能・技術を習得します。

カリキュラム内容

1. 機械製図

 機械図面の読み描きに必要な製図規格(ルール)や、ねじや歯車といった機械部品の規格についての知識を習得します。

図面をかく女性

2. 2次元CAD

 2次元CADを用いて図面を作図するために必要な基本操作から始まり、図面を効率的に作図するための各種設定を習得します。

2次元CADを描く男性

3. 3次元CAD

 3次元CADによるモデル(製品の立体的な形状)の基本的なモデリング(作成手法)やモデルの2次元図面化の手法を習得します。

3次元CADの図

4. NC旋盤作業

 部品の長さを測る測定作業をはじめ、円筒形状部品の加工に必要な基礎知識と切削技術、NC旋盤の操作方法などを習得します。

汎用旋盤の様子

5. マシニングセンタ作業

 直方体形状の部品の加工に必要な基礎知識と切削技術、マシニングセンタの操作方法などを習得します。また、加工するための条件などは、汎用工作機械により身に付けます。

マシニングセンタ作業様子

6. CAM実習・生産管理

 CAD図面の形状を活用し、NCプログラムを自動で作成する方法(CAM)を習得します。また、生産管理、品質管理などを習得します。

生産管理実務訓練の様子

受講条件

  • 機械製図および機械加工の経験
    ・特に必要ありません。
  • 事前に習得していることが望ましいスキル
    ・機械製図、CAD/CAM作業にはパソコンを使用しますので、パソコンを操作したことがない(ワープロソフト、表計算ソフトなど)、スキルが不足しているという場合には、補習又は自習で習得していただきます。
    ・製図をするための図形の表し方や測定の概念についての知識を有している、また過去に機械加工・CAD/CAM関係の職務に少しでも携わったことがある場合には、より高い訓練効果が期待できます。
  • 各訓練コース共通条件
    ・再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
    ・離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練コースとの整合性がある方
    ・職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方
    ・職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

※受講希望者が多数の場合は、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講者の声

・着実に技術は身についていると感じます。カリキュラムが初学者でもついていける内容になっているからだと思います。テクノインストラクターの指導も安全を最優先しているので安心して訓練を受けられます。(60代 男性)
・建築業界しか経験していないので、機械の勉強ができてよかったです。残りの三か月で、2次元CAD・3次元CADを習得し、就職後の作図業務に活かしたいと考えています。(60代 男性)
・機械CADの知識はゼロでしたが、興味をもって入所したので、どの授業もワクワク楽しく受けることができました。どれも自分が希望する職種に必ず必要となるものばかりですのでさらなる成長をもって就職に励みたいと思っています。(30代 男性)
・私はCADの知識を深めたくて、こちらの科を受講しました。手書きの機械製図の授業で製図の知識を再認識し、2DCAD、3DCADの土台作りができました。3DCADは今まで触れる機会がなかったので為になりました。そして後半の機械加工の授業では、物作りの現場を体験することが出来、今後CADを活かした設計の仕事がしたいので良い経験になりました。(40代 女性)
・ハローワークの紹介で、この度職業訓練を受けました。機械作業もCADも、全くの未経験でしたが、製図の基本からCAD操作、切削作業など、基本から丁寧に教わる事ができました。最初は不安だらけでしたが、テクノインストラクターや一緒に入所した同期がいたおかげで、どうにかやってこれています。訓練で学んだことを活かし、就職につなげたいと思います。(30代 女性)
・私にとって未知の分野で受講前は不安もありましたが、テクノインストラクターや仲間の皆の手助けで学んでいくことができています。新しい知識や技術を習得して今後は就職に向けた情報集めにも励んでいこうと思っています。(40代 女性)
・入所して3ヵ月が経ち、今まで自分が体験してこなかった分野にふれて興味の無かったことにも目線を向ける事ができて、就職についての幅を広げるようになり、自分の為になっていると実感しました。今後行われる訓練も真剣に取り組み、今後の就職につなげていける様に頑張っていきたいと思っています。(30代 男性)
・CADの知識がなくても授業内容がわかりやすいので覚えるのが楽しい。勉強したことを身に付け、就職に繋げたいと思っています。(30代 女性)
・入所時は不安でいっぱいでしたが、訓練は難しいながらも楽しく学ばせていただき、有意義な時間でした。コロナ禍で就職は厳しい状況ではありますが、ここで学んだことを活かし、何とか修了までには就職できるよう頑張りたいと思います。(匿名)
・初めての分野で不安な気持ちもありましたが、いざ訓練が始まるととても楽しく受けることができました。元々ものづくりに関わることが好きなので、後半の訓練でも楽しさを見つけながら、しっかり学んでいけたらと思います。(20代 女性)
・機械製図やCADについて、まったく未経験でしたが訓練を受けて知識と自信がつき、ぜひCADの仕事に就職したいと思いました。また、機械CADの経験を積んで、ゆくゆくは設計もできるように学習したいと思うようになりました。(40代 男性)
・CADオペレータになりたいと思って、機械CAD技術科を選びました。手書きの製図から始まり、2次元、3次元CADと進んできました。サクサクできる人がほとんどのようですが、私には難しい。テクノインストラクターが何回質問しても丁寧に教えて下さるので有難いです。機械加工が新しく始まるので真剣に取り組もうと思います。(50代 女性)
・初めて触れるCADというものに、訓練についていけるか不安でしたが、理解できない所や操作がわからなくなっても何度も教えてくださるテクノインストラクターのおかげで、なんとか3か月続けてこられました。絶対に再就職するぞ!の強い気持ちで残りの3か月もしっかり訓練を受けたいと思います。(40代 女性)


修了生の声

 私は機械や設計に関する知識・経験は全くなく、最初は自分に習得できるのか不安な気持ちで訓練を受講していました。しかし、訓練を受けていくうちに、ものづくりに対する興味が湧いてきて、図面通りに「もの」を作ることがとても楽しく感じるようになりました。仲の良い受講者と親切な先生方のおかげで、とても充実した訓練受講でした。


担当テクノインストラクターの声

 ほとんどの方が機械関係の製造業は初めての方です。訓練は初歩から始めますので安心して応募してください。様々な工業製品はCADで図面を描き、そのCADデータを元に工作機械で加工します。当科は、機械図面の作図と金属部品の加工という、ものづくりの基本となる分野について習得します。


修了生の就職事例

電気工事業 (男性 20代) → CADオペレータ(製造業)
土木・建築業(女性 40代) → CADオペレータ(製造業)
教育業   (男性 30代) → CADオペレータ(製造業)
IT業    (男性 40代) → 制御基板設計


賃金情報

常用雇用 17万~22万円


訓練カリキュラムに関連する資格

  • CAD利用技術者試験(一般社団法人コンピュータ教育振興協会)

訓練に必要な経費

●受講料:無料 テキスト代:13,500円程度(作業服等は別途)

●作業服等
各自で準備していただきます。※指定色はありませんが、派手な色合いの作業服は不可です。
※旋盤などを利用する際に高温の切り粉(鉄の粉)が飛散するので、作業服は綿素材が多めの物が適しています。

●職業訓練生総合保険
万が一の災害に備え、安心して訓練を受けられるように設定された保険です。任意加入ですが、加入することをお勧めします。
6ヶ月訓練:4,800円(2017.4月改定)


使用するアプリケーション

  • AutoCAD 2020
  • SolidWorks 2019

お問い合わせ先

ポリテクセンター北海道 【受講者係】

TEL

011-640-8761

FAX

011-640-8830

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る