本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械加工技術科


訓練の概要

1.科の概要

 機械加工技術科では、労働安全衛生法関連の資格取得を含め、製造業全般で幅広く活躍できる技術者の養成を目標としています。
 訓練では、ものづくりの基礎となる製図・汎用機械(旋盤・フライス盤)加工の技術をベースにNC旋盤・マシニングセンタの加工技術などを学ぶことができます。
 これらの内容は製造現場で働くための基礎となり、機械加工、組立、保全などの職種に役立つほか、CAD/CAM技術習得の足掛かりにもなります。
 また、科の特徴としてはものづくりの一連の流れが理解できるので現場に入ってから仕事に入りやすいのが特徴であり、訓練を修了することでものづくりの面白さと楽しさが理解できます。

訓練概要

2.6か月で習得する技術等

  1. 図面の読み方、機械工作法の概要、仕上げ、研削砥石取替え等に関する技能及び関連知識を習得します。
  2. 自由研削といしの取替え業務に係る特別教育、クレーン運転特別教育(5t未満)、玉掛け技能講習修了証の資格など、製造業全般で役に立つ労働安全衛生法関連の資格取得を目指します。
  3. 普通旋盤の基礎知識、基本操作及び加工に関する技能及び関連知識を習得します。
  4. NC旋盤の基礎知識、プログラミング手法、基本操作及び加工に関する技能及び関連知識を習得します。
  5. フライス盤の基礎知識、基本操作及び加工に関する技能及び関連知識を習得します。
  6. マシニングセンタの基礎知識、プログラミング手法、基本操作及び加工に関する技能及び関連知識を習得します。
  7. 総合課題の製作により機械加工技術の向上を目指します。

【訓練課題例】

訓練課題例
訓練課題例

訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。一つの目安として参考にしてください。

3.訓練風景

機械工作基本

 図面の読み方、工作法の概要と測定、仕上げ作業、ボール盤作業、自由研削といしの取替え、安全教育等に関する技能と知識を習得します。

自由研削といしの取替え等の業務に係る特別教育修了証

クレーン運転特別教育(5t未満)・玉掛け技能講習

労働安全衛生法関連の資格取得を目指します。製造業全般で役に立つ資格を取得します。

クレーン特別教育、玉掛け技能講習

・玉掛け技能講習修了証(福岡労働局長登録教習機関第15号)
・クレーン運転特別教育修了証(5t未満)

普通旋盤加工

 普通旋盤の操作及び加工準備要素と各切削加工(内外径・テーパ・ねじ切り等含む、はめ合わせ)作業ができる専門的な技能及び関連知識を習得します。

 

NC旋盤

 NC旋盤の基礎知識、マニュアルプログラミング手法、基本操作及び加工に関する技能と知識を習得します。

 

フライス盤加工

 フライス盤の操作及び加工準備要素と各切削加工(六面体加工・段付き・勾配削りを含む、はめ合わせ)作業ができる専門的な技能及び関連知識を習得します。

 

マシニングセンタ・ワイヤーカット・機械加工課題

 マシニングセンタの基礎知識、マニュアルプログラミング手法、基本操作に関する技能と知識を習得します。
※機械加工課題による総合的な技能及び知識を習得します。


受講に必要な経験・スキル

経験

  • 特に必要なし

スキル

  • 特に必要なし

就職率

100.0% 令和3年度速報


修了生の主な就職先

主な就職先業種

  • 自動車製造業(機械組立)
  • 金属製品製造業(機械加工)
  • 非鉄金属製造業(機械加工)
  • 自動車部品製造業(機械加工)
  • 機械製造業(機械加工)
  • 他多数

主な就職先企業

  • (株)九州工具製作所
  • (株)中島ターレット
  • グローバルマテリアルズエンジニアリング(株)

賃金

  • 15~18万円(修了生の採用賃金実績:総支給額)
    (前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

修了後の職務と仕事内容

機械工

 様々な金属やプラスチックなどの材料を「切る・削る・穴をあける・溝を切る・磨き仕上げる」などの加工を行うのが機械工の仕事です。
 穴をあける、表面を少量削るなどの少量の加工を行う場合、人の手で操作する汎用機械(普通旋盤、フライス盤)を使用します。
 また、同じ形状のもの大量に生産する場合は連続自動加工するNC工作機械(NC旋盤、マシニングセンタなど)を使用します。
材料によって硬さや脆さ等の耐久性が違うので、材料に合わせて加工する条件(回転数、刃物、削る速度など)を変える必要があり、要求された形に加工するにも知識や技術、経験が必要です。
 以上のように、機械工には使用する機械、加工する材料の条件等を考慮し、期限内に決められた数の製品を高い精度で正確に加工することが求められます。

就職後の仕事内容(求人票の記載例)

  • 旋盤、フライス盤を使用し、金属の切削加工を行う
  • パソコンによりNCプログラムを作成し金型をNC加工で製作する。
  • マシニングセンタをはじめとした最新のNC加工機を導入した機械加工専用の工場などでの業務
  • 加工した部品の組立・調整

訓練で習得した職業能力の活用状況

 就職後は、就職先の仕事内容や個人差によっても異なりますが、訓練で習得した技能・技術に加え、ベテラン技能者のOJTを1~3年行うことにより、就職先が期待する仕事(標準的な作業時間と品質・仕上がり)ができるようになります。また、およそ5年で熟練度は向上し、細かく指示されなくても自らの判断で仕事ができるようになります。


訓練期間中に取得する資格

自由研削といしの取替え等の業務に係る特別教育

 労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で研削といしの取替え、取替え時の試運転業務等を行う業務に労働者を就かせるときは、事業者は安全または衛生のための特別教育を行わなければならないと義務付けられています。作業者は「自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証」を取得していなければ取替え、試運転等業務に従事することができません。訓練の中で特別教育を実施し、修了した方に修了証を発行します。

玉掛け技能講習(福岡労働局長登録教習機関第15号 有効期間満了日:令和6年3月30日)

 玉掛け等の業務は、労働安全衛生法第61条によって下記の者でなければ就業してはならないこととされております。

  • 玉掛け技能講習修了証の所持者(都道府県労働局長の登録を受けた教習機関が交付)
  • 上記に該当し満18歳以上の者

 ポリテクセンター福岡は福岡労働局長の登録を受けた教育機関となっており、訓練の中で玉掛け技能講習の資格取得を行います。学科及び実技教育を受講し、かつ学科試験に合格した方に「玉掛け技能講習修了証」を発行します。玉掛け等の業務は、労働安全衛生法第61条によって下記の者でなければ就業してはならないこととされております。

クレーン運転特別教育(5t未満)

 労働安全衛生法59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、クレーン運転等の業務に労働者を就かせるときは、事業者は安全または衛生のための特別教育を行わなければならないと義務付けられています。作業者は「クレーン運転特別教育修了証」を取得していなければ作業に従事することができません。訓練の中で特別教育を実施し、修了した方に修了証を発行します。


任意に取得できる資格

 訓練期間中に受講者の皆さんが取得した技能を活かして、任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続の説明や等級にもよりますが、合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。また、詳細については各実施機関へお問い合わせください。)

技能検定 機械加工(普通旋盤作業)(中央職業能力開発協会)

 業界で広く認知されている資格で、3級は普通旋盤(センタ間の最大距離が500~1500〔mm〕のもの)を使用し、φ60×115程度のS45Cの材料1個及びφ60×55(φ25の穴のあいたもの) 程度のS45Cの材料1個に、内外径削り及びテーパ削り等の切削加工を行い、はめ合わせのできる部品を2個製作します。
 2級は同旋盤を使用し、φ60×150程度のS45Cの材料1個及びφ60×57(φ25の穴のあいたもの)程度のS45Cの材料1個に、内外径削り、テーパ削り、ねじ切り、偏心削り等の切削加工を行い、はめ合わせのできる部品を2個製作します。(「中央職業能力開発協会」技能検定試験概要より)

技能検定 機械加工(フライス盤作業)(中央職業能力開発協会)

 業界で広く認知されている資格で、3級は立フライス盤(No.1~No.3程度)を使用し、SS400の材料(45×65×80、2個)をエンドミル(2枚刃、多刃)及び正面フライスにて
切削加工して直みぞ部をそれぞれはめ合わすことができる部品を製作します。

 2級は同フライス盤を使用し、SS400の材料(35×65×75、45×55×75、各1個)をエンドミル(2枚刃、多刃)及び正面フライスにて切削加工(R削りを含む)して、直みぞ部
及びこう配部をそれぞれはめ合わすことができる部品を製作します。
(中央職業能力開発協会」技能検定試験概要より)

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡(福岡職業能力開発促進センター) 訓練第一課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-641-6909

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る