このページの本文へ

江津市をはじめ地域に愛される学校に

地域の方へ

写真:学校航空写真

このページの位置

  1. Home
  2. 地域の方へ

島根職業能力開発短期大学校は、平成5年の設立から、地域の皆様に支えられながら歩みを進めてきました。
ものづくりを通じて、江津市をはじめとする地域の住民、企業、教育機関の方々と協力しながら、地域活性化のため、様々な活動を行っています。
これからも地域の皆様に必要とされる学校づくりを行ってまいります。

受託研究・共同研究

地域の企業・関係機関と連携し、当校が有するものづくり力を活かして、企画から設計・製作を行っています。

県産材木を用いた東屋等の企画・設計・製作
-歴史遺産の情報発信強化と環境整備-

当校がある江津市二宮町のまちづくり協議会との共同で、恵良地区における万葉ビュースポットに休憩できる東屋を設置。
万葉ロマンの里にふさわしい、文化財や自然環境に調和した新たな構造物を企画から設計、製作まで取り組みました。

写真:東屋を制作する学生たちの写真

レーザ加工機を用いた非金属材料の最適加工に関する研究
-機械加工による甲冑製造ノウハウの構築-

隣接する浜田市の開府400周年推進室との共同で、イベントで使用する甲冑の製造を行いました。
浜田市が甲冑のデザインと各種材料を選定・提供し、当校で加工に適したデザインの修正、CAMデータの製作及び形状・材質に適した効率的かつ高品位な加工条件や加工方法を検討し、甲冑モデルデータを開発しました。

写真:甲冑の写真

地産材活用による全国植樹祭カウントダウンボードの制作

第71回全国植樹祭島根県実行委員会との共同で、全国植樹祭の開催に向けて、開催理念や基本方針を広く周知啓発するための記念事業を実施するにあたり、カウントダウンボードを製作しました。序幕イベントでお披露目するとともに、島根県内の各所で展示され、気運の醸成や植樹祭PRに活用されています。

写真:カウントダウンボードの前で笑顔の学生たちの写真

ものづくりで地域貢献

受託研究・共同研究の他にも、地域の皆様から寄せられた「こんなものをつくってほしい」というご要望にお応えして、まちづくりやイベントで活用する作品を数多く製作しています。

スタンディングテーブルの制作

毎年夏に開催される江の川祭りに使用するスタンディングテーブルを作成しました。
学生によるデザインワークで、鼓をモチーフにしています。当日は、これにイルミネーションを設置し、会場を彩りました。

写真:祭り会場に設置されたスタンディングテーブルの写真

お堂の建屋の施工

「都野津新四国八十八か所」のお堂の建屋施工を毎年1カ所ずつ行っています。学生が設計から施工まで全て行い、学校で学んだ技術を全て注ぎ込んだ、こだわりの詰まったお堂です。

写真:お堂を建てる学生たちの写真

医療用フェイスシールドの製作

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、医療従事者の方が使用するフェイスシールドを製作しました。シールド部分はラミネートフィルム、柄の部分はレーザー加工機で製作しました。

写真:医療用フェイスシールドの写真

中学校キャリア教育

地域の中学校からの依頼により、将来の進学・職業選択の参考となるよう、キャリア教育を行っています。

写真:中学生向けキャリア教育の様子
写真:中学生向けキャリア教育の様子

高校との連携

進路学習の一環として、当校にお越しいただき、学校紹介や校内見学を行っています。

写真:高校生に学校の説明を行う様子
写真:学校のロビーで記念写真をする高校生の様子

ものづくり体験教室

ものづくりの楽しさを体験してもらえるよう、地域の小学生をお招きしたり、外部イベントに参加しながらものづくり体験教室を行っています。

写真:子供向けものづくり体験教室の様子
写真:子供向けものづくり体験教室の様子

翔江祭

毎年10月に、学園祭(翔江祭)を開催しています。学生による模擬店のほか、石見神楽などのステージ、ものづくり体験教室などを行い、地域の皆様に楽しんでいただけるよう、職員・学生が一丸となって取り組んでいます。

写真:出店でお客さんを相手にする学生の様子
写真:子供向けものづくり体験教室の様子
写真:学生が音楽ライブをする様子
写真:石見神楽の様子