石川職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ石川)

本校の特徴

2年間で差をつける!
就職・進学をゼロからサポート

ポリテクカレッジ石川では、高校卒業者等の方を対象に、ものづくりの基礎を習得し、企業の製造現場での最新の技能・技術に対応できる人財の育成を行っています。本校の7つの特徴について説明します。

ポリテクカレッジ石川 7つの特徴

1.幅広い修了後の選択肢

当校の専門課程の訓練期間は2年間です。ものづくりの現場で、知識・技能・技術を状況に応じて活かす力を身に付けた「実践技能者」となることを目指します。修了時の選択肢は就職と進学があり、就職する場合は、ものづくり企業に対して就職活動を行います。
進学する場合は専攻した科に関連する2年間の応用課程に進学し、更に高度な知識・技能・技術に加え企画・開発能力などを習得し、開発・生産現場のリーダーを目指すこともできます。また、応用課程修了後は企業・公署官庁に加え、職業訓練指導員として就職する他に、工科系の学部を持つ大学院へ進学する道もあります。

2.高い就職・進学率

学生一人ひとりに対応した履歴書の書き方、面接指導、進学相談の個別指導、就職模擬テスト、ジョブ・カード作成など入校時からのきめ細かいキャリアコンサルティングにより、令和元年度も就職希望者の就職率100%を達成し、企業からも高い評価を得ています。

3.実験・実習を重視した実践的なカリキュラム

実験・実習を重視した実践的なカリキュラムを編成しており、総訓練時間の約65%が実習の時間です。また、カリキュラムは、講義と実験・実習のセットで知識、技能、技術を効率的に習得します。さらに、在職者に対する職業能力開発訓練や、近隣のものづくり企業等と連携して行う共同研究・受託研究を実施しています。これにより、企業において必要とされる技術、ものづくりのノウハウを知ることが可能となり、カリキュラムへ取り入れ、実習の際に学生へ伝えることができます。

4.少人数制による教育訓練体制

安全作業の徹底と訓練効果を高めるため、少人数制の教育訓練体制を導入しています。学生一人ひとりの個性に合わせた個別指導により、技能・技術の向上を図ります。

5.充実した実験・実習設備

実験・実習機材は、基本的に1人1台の体制を整えています。整備台数の少ない機材は、1クラスをいくつかのグループに分割して、数種の実習をローテーションすることで1人1台体制を実現しています。更に、最新機器の更新と新規機器の導入を継続しています。

6.カレッジに併設された学生寮

学生寮が敷地内に併設されており、A棟・B棟合わせて65室の利用が可能です。寮の食堂では、1日1,000円(税抜)で朝昼晩の3食が提供されます。また、共同で利用できる洗濯機や電子レンジなども完備しており、冷房・インターネットは全部屋に完備しています。

7.魅力ある就学費用

入学金は169,200円、授業料は1年間で390,000円、2年間で780,000円です。合計で949,200円となっています。入学金以外に教科書代、実習服代、保険料、技能検定費用などが必要となります。また、学生寮を利用する場合は、寮費、電気・水道代などが必要となります。