本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

IoTシステム技術科(訓練期間6ヵ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

IoTシステム技術科は、IoTシステムの設計・製造・保守を担当するために必要となる電子回路、マイコンによる組込み、ネットワーク、データベース技術、オブジェクト指向言語によるプログラミング開発等の基礎的な技術を習得できます。組込み系と情報通信、両方の技術を併せ持った技術者を目指します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • IoTデバイス・ネットワークを理解し、IoTシステムの構築・保守作業ができる。
  • タブレット端末等を用いた生産設備制御システムの開発・保守・管理ができる。

総訓練時間

  • 662時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「IoTデバイス技術」

センサーからデータを取得するために、電子回路の基礎とマイコンの基礎を習得します。

IoTデバイス技術

2.「IoTネットワーク技術」

IoTネットワーク構築のために、TCP/IPやLAN基礎、サーバ構築技術を習得します。

IoTネットワーク技術

3.「IoTプログラミング」

データベースと連携するプログラミングを習得します。

IoTプログラミング

4.「IoTシステム構築実習」

これまで習得した技術を用い、システム構築を行います。

IoTシステム構築実習

5.「オブジェクト指向プログラミング」

Java言語を用いたプログラミング技術を習得します。

オブジェクト指向プログラミング

6.「Android開発」

Androidアプリの開発方法について習得します。

Android開発

受講要件

過去の経験

  • 特に不要です。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコン基本操作。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保および訓練に支障をきたさないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な集合訓練における協調性のある方。

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約15,000円)については、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

新規コースのため、事例はありません。 


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

IoTシステム技術者、プログラマ(PG)、システムエンジニア(SE)、フィールドエンジニア

職種との相性(こんな方に向いている!)

  • IoT系・ICT系の仕事を希望される方。
  • システムエンジニア、プログラマなどの職種を希望される方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • IoTシステム開発・開発エンジニア
  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • フィールドエンジニア

求人票に記載されている職種名

IoTシステム開発、システムエンジニア(SE)、プログラマ(PG)、フィールドエンジニア

就職後の仕事例(求人票より)

  • 新規コースのため、実績データはありません。

就職率

新規コースのため、実績データはありません。


修了生の主な就職先

  • 新規コースのため、実績データはありません。

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 新規コースのため、実績データはありません。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

新規コースのため、実績データはありません。

■修了生の声

  • 新規コースのため、修了生はおりません。

訓練中に取得できる資格

特にありません。


任意に習得できる資格

●IoTシステム技術検定
●ディジタル技術検定
●Oracle認定Javaプログラマ
●エンベデットシステムスペシャリスト試験


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しております短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家試験である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得や、これまでの職業能力のさらなる向上にかかる相談・支援を行っています。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

訓練第一課

TEL

043-422-4810

FAX

043-422-4896

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る