本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

デジタルものづくり技術科

  • 製品企画・開発およびCADオペレータ、 マシニングセンタオペレータ等への就職を目指します。
    • ものづくりの現場では、設計から加工に至るまで幅広い知識を持った技術者が求められています。このコースでは、こうした職種に就くための基礎的な技術を身に着ける訓練を行います。
    • より実際の製造現場に近いかたちで訓練を行うことで、これまで全く経験したことのない方でも、ものづくりの世界へ飛び込む自信をつけてもらうことを狙いとしています。

訓練の内容

訓練期間・訓練時間 等

訓練期間

  • 6ヶ月間 (土日・祝日、指定された日を除く月~金)

訓練時間

  • 9時00分~15時15分 (昼休み:11時45分~12時30分)
訓練期間中に数日程度16時10分まで訓練を実施する日があります。

訓練に使用するアプリケーションなど

  • AutoCAD
  • SOLIDWORKS
  • Photoshop
  • Illustrator
参考に記載していますので変更になる場合があります。

訓練の流れ


製品企画・開発およびCADオペレータ等への就職をめざす方を対象として、機械製図の見方、CAD、プロダクトデザインの概要、3Dプリンタ等による試作を通じて、ものづくりに関する技能・技術を習得します。

1ヶ月目:プロダクトデザイン基本

カラーデザイン、DTP(Photoshop、Illustrator)活用技術および測定・工作法に関する知識・技能を習得します。

    • プロダクトデザインとユーザビリティ
    • カラーデザイン
    • DTP活用技術(ベクターデータ)
    • DTP活用技術(ラスターデータ)
    • プレゼンテーション基本
    • デザインレビュー演習
    • 測定

2ヶ月目:機械製図および2次元CAD

機械製図、2次元CAD(関連規格、機械要素)に関する知識・技能を習得します。

    • 機械製図CAD1(投影法)
    • 機械製図CAD3(断面図示法)
    • 機械製図CAD4(寸法とはめあい)
    • 機械製図CAD5(表面性状・幾何公差)
    • 機械製図CAD6(機械要素)

3ヶ月目:3次元CAD造形基本

3次元CADによる製品デザインに関する知識・技能を習得します。

    • 3次元CAD1(3次元形状の作成)
    • 3次元CAD2(3次元形状の編集)
    • 3次元CAD3(2次元図面への展開)
    • 3次元CAD4(アセンブリモデリング)
    • 造形型RPによる試作
    • 3次元CAD基本総合(課題演習)

4ヶ月目:3次元CADデザイン実習

3次元CADによる製品デザインおよびプロダクトデザインに関する知識・技能を習得します。

    • 3次元CADサーフェス1(3次元形状の作成)
    • 3次元CADサーフェス2(ハイブリッドモデリング)
    • 3次元CADサーフェス3(スケッチからのモデリング作成)
    • 製品デザイン実習(仕様作成)
    • 製品デザイン実習(詳細設計)
    • 製品デザイン試作実習(確認・評価)

5ヶ月目:マシニングセンタ/CAM

マシニングセンタ作業全般に関する知識・技能及びCAMの取り扱いに関する知識・技能を習得します。

    • マシニングセンタ1(プログラムの作成手順)
    • マシニングセンタ2(課題演習)
    • CAM1(2.5次元加工データ作成)
    • CAM2(3次元加工データ作成)

6ヶ月目:プロダクトデザイン実習

プロダクトデザインスケッチ、企画書およびプロダクトデザインに関する知識・技能を習得します。

    • プロダクトデザインスケッチ
    • プロダクトデザイン実習(仕様書作成)
    • プロダクトデザイン実習(デザイン)
    • プロダクトデザイン実習(形状作成)
    • プロダクトデザイン実習(評価)

受講要件

各訓練科共通要件

  • 以下の要件をすべて満たしている必要があります。
    受講希望者が多数の場合は受講要件を満たしていても受講できないことがあります。
    • 訓練コースに関連する職種への再就職を希望されている方
    • 訓練内容を理解するとともに受講熱意のある方
    • 訓練内容を理解するために必要な基礎学力のある方
    • 訓練コースを最後まで修了できる見込みの方

    訓練の進行を妨害したり、訓練担当職員の指示に従わずに当センターの秩序を著しく乱す等の行為があった場合は、退所していただくことがあります。

受講要件の詳細については「応募から訓練開始までの手続きの流れ」をお読みください。

受講料等

受講料

  • 無料です。

経費

  • 教科書代 7,000 円程度
参考に記載していますので変更になる場合があります。合格手続き時に正確な金額をご連絡します。

入所後必要なもの

  • 作業服(長袖、長ズボン《一部の訓練で使用》)
  • 作業帽(キャップ形状のもの)
  • 作業に適した靴
  • USBメモリ
  • ファイル(テキスト、資料等を綴じるために使用)
参考に記載していますので変更になる場合があります。 合格通知に案内文を封入させていただきます。

訓練後に目指せる主な仕事、就職率

訓練後に目指せる主な仕事

  • 製品企画・開発スタッフ
  • 製品デザインスタッフ
  • CADオペレータ
  • 技術営業
  • 製品プレゼンテーションスタッフ
  • マシニングセンタオペレータ
  • CAD・CAMオペレータ

就職率

  • 令和2年度(2020年度)実績
    86.5%
  • 令和元年度(2019年度)実績
    59.5%
  • 平成30年度(2018年度)実績
    75.0%

取得できる資格 (もしくは目指せる資格)

訓練修了時に取得できる資格

  • 特にありません

任意に目指せる資格

  • 特にありません

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー《有料》) を受講するなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

訓練コースの内容についてのお問い合わせ先

ポリテクセンター埼玉【訓練第一課・受講者第一係】

  • TEL
    048-882-4138
  • FAX
    048-882-4166
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る