本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

組込み ものづくり科 【組込みマイコン技術科】

  • ハードウェアとソフトウェアに対応できる組込みエンジニアを目指します
    • 電子情報技術はスマートフォン、エアコンや自動車などの身近な製品からロボットなどのハイテク機器に至るまでいろいろな電機製品に使用され、専門知識を持った人材が企業から求められています。そのため、これらの分野の業務に必要なハードウェアとソフトウェアの技術を実践的に習得します。

訓練の内容

訓練期間・訓練時間 等

訓練期間

  • 6ヶ月間 (土日・祝日、指定された日を除く月~金)

訓練時間

  • 9時00分~15時15分 (昼休み:11時45分~12時30分)
訓練期間中に数日程度16時10分まで訓練を実施する日があります。

訓練に使用するアプリケーションなど

  • Raspberry Pi
  • Linux C言語
  • 電子回路CAD
  • 電子回路シミュレーター
参考に記載していますので変更になる場合があります。

訓練の流れ

第4次産業革命に対応できるエンジニアとして必要な技術・技能の基礎を習得します。
前半は、電子回路やコンピュータの基本原理、マイコンの制御プログラミングなど、ハードウェア側の技術・技能を学びます。後半は、ネットワークやアプリケーションなど、機器上で動作するシステムやプログラムについて学びます。

1ヶ月目:電気回路・アナログ電子回路

直流と交流の電気理論を学び、電子部品を使用した実験と測定などのアナログ回路設計に関する知識と技能を取得します。
    • 電気理論
    • 基礎アナログ回路
    • トランジスタによる増幅回路
    • FETによるスイッチング回路
    • オペアンプを利用した増幅回路
    • 回路シミュレーションの活用

2ヶ月目:ディジタル回路とはんだ付け技術

基本的な論理代数とICを使用してディジタル回路の設計方法と、電子機器組立て作業に必要なはんだ付け技術の技能と知識を習得します。
    • ブール代数とカルノー図
    • 基礎ディジタル回路
    • 組み合わせ回路と順序回路
    • リード付き部品のはんだ付けの作業
    • 表面実装部品のはんだ付け作業
    • 電子機器組立て作業

3ヶ月目:CADを利用したプリント基板設計とFPGAを使用した回路設計

CADによるプリント基板の配線作業と、FPGAを使用したディジタル回路設計に関する知識と技能を習得します。
    • CADによる電子回路図の作成方法
    • CADによるプリント基板の配線方法
    • FPGAの仕組み
    • VHDLによる組み合わせ回路の設計
    • VHDLによる順序回路の設計
    • 応用課題の開発

4ヶ月目:C言語プログラミング技術

Raspberry Piを使用してLinux OSのファイル構造や各種コマンドと、C言語のプログラミングの知識・技能を習得します。
    • Linux OSの概要とシェルコマンド
    • C言語の開発環境の活用
    • C言語の制御文のプログラミング
    • ポインタの活用
    • ファイル操作のプログラミング
    • 構造体/共用体の活用

5ヶ月目:組込みシステム開発技術

C言語と周辺回路を利用して、組込みシステムの開発に必要なハードとソフトの知識・技術を習得します。
    • 組込みシステムの概要
    • GPIOのプログラミング方法
    • 割込み処理
    • LCDへの文字の表示
    • 温度センサからのデータ取得
    • シリアル通信によるデータ伝送

6ヶ月目:自走ロボットの製作

5ケ月間で学んだ訓練の集大成として、自走ロボットの製作と制御ソフトの開発を行います。6ヶ月目では、製品開発に近い実践力を習得します。
    • 自走ロボットの設計
    • DCモータのギアボックスとシャーシの製作
    • 反射型センサ回路の製作
    • モータ駆動回路の製作
    • 走行試験
    • ライントレースのプログラミング

受講要件

各訓練科共通要件

  • 以下の要件をすべて満たしている必要があります。
    受講希望者が多数の場合は受講要件を満たしていても受講できないことがあります。
    • 訓練コースに関連する職種への再就職を希望されている方
    • 訓練内容を理解するとともに受講熱意のある方
    • 訓練内容を理解するために必要な基礎学力のある方
    • 訓練コースを最後まで修了できる見込みの方

    訓練の進行を妨害したり、訓練担当職員の指示に従わずに当センターの秩序を著しく乱す等の行為があった場合は、退所していただくことがあります。

受講要件の詳細については「応募から訓練開始までの手続きの流れ」をお読みください。

受講料等

受講料

  • 無料です。

経費

  • 教科書代 15,000 円程度
参考に記載していますので変更になる場合があります。合格手続き時に正確な金額をご連絡します。

入所後必要なもの

  • USBメモリ
  • ファイル(テキスト、資料等を綴じるために使用)
参考に記載していますので変更になる場合があります。 入所後、説明しますので、事前に購入いただく必要はありません。

訓練後に目指せる主な仕事、就職率

訓練後に目指せる主な仕事

  • 回路設計・開発技術者
  • プログラマ
  • 電子機器組立て
  • 検査オペレータ
  • 保全・修理エンジニア

就職率

  • 令和3年度新設コースのため、データがありません。

取得できる資格 (もしくは目指せる資格)

訓練修了時に取得できる資格

  • 特にありません

任意に目指せる資格

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。(※ただし合格を保証するものではありません。)
  • 技能検定3級
    「電子機器組立て」別途受験資格あり
  • 基本情報技術者試験

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー《有料》) を受講するなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

訓練コースの内容についてのお問い合わせ先

ポリテクセンター埼玉【訓練第一課・受講者第一係】

  • TEL
    048-882-4138
  • FAX
    048-882-4166
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る