実習科目

総合制作実習

制作テーマに沿ってグループでアイデアを持ち寄り、実現するために必要な仕様を決定します。個別に機器の動作確認や各種実験を行い、仕様を満たしているか計測器を使って確認していきます。 同時に、仕様に基づいた製作物の図面作成、材料の加工・組立、電気回路・電子回路の作成およびパソコンを用いた制御プログラムを作成。動作検証を行いながら完成を目指します。 学生たちが主体となってグループワークで制作し、発表まで行います。


卒業生の声

自分が製作したものに自信をもって
総合制作実習では、センサを利用して障害物にぶつからない自律型の搬送用ロボットを製作しました。試行錯誤するなかで、コストや時間を意識すること、設計図通りにものを組み立てる必要性を痛感しました。 さらに、自分の作業を遂行するために、他のメンバーが作業している内容を理解し、コミュニケーションを取りながらより良いものを作り上げていくことを意識しました。完成したときの達成感は忘れられません! 将来は、自分が設計・製作した製品を、自信をもって世に送り出せる技術者になりたいと思います。

学科紹介

ページトップへ