本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気制御エンジニア科(生産システム技術科)


コースの概要

 製造業において、ものづくりの環境は大きな変化の中にあり、なかでも人手不足の深刻化から製造ラインの自動化が進んでいます。本コースでは製造ラインの自動化システムに用いられているシーケンス制御からPLC(プログラマブルロジックコントローラ)制御のプログラミング技法などを各種実習を通して習得し、製造現場の設計・製作や保守・点検などに従事できる人材の育成に取り組んでいます。

  • シーケンス制御とは・・・工場の製造ラインでよく使われている電気制御のこと
  • PLCとは・・・シーケンス制御を専用のCPU(コンピュータ)を用いて電気制御を行う装置

受講前提条件

  • 電気設計(ラダープログラマなど)、制御装置製造・検査および生産設備保全に興味があり、就職を目指している方方
  • パソコン操作に関して、キーボードによるアルファベット、数字や記号などの文字入力、マウスによる操作、ファイルの作成・コピー・貼り付け・編集等が行える方

事前に習得していることが望ましいスキル

キーボード入力、マウス操作、ファイルの作成・保存などパソコンに係る基本的な操作ができることが望ましい。


目標

  • 製造現場における電気の技術者が一般的に理解している知識とシーケンス制御回路の配線に必要な知識や技術を身につけること。
  • FAセンサ、タッチパネル、ネットワーク機器および位置決め装置などの製造現場の自動化システムに必要な知識や技術を身につけること。

内容

  • 電気基礎と電気配線工事
    電気回路の基本的な知識から一般用電気設備の施工・保守に関する技能及び知識を習得します。
  • 有接点シーケンス制御技術
    リレーやタイマを含む制御機器及び回路に関する知識・技能を習得します。
  • PLC制御技術(基本)
    自動化システムに不可欠なPLC制御のプログラミング技法と関連する知識を習得します。
  • PLC制御技術(応用)
    PLC制御を用いてタッチパネル、位置決め装置、PLC間のネットワーク機器の関連技術と技能を習得します。
  • CAD基本操作
    JW_CADを用いて自動化システムの仕様書に必要な図面作成等の知識を習得します。
  • 制御盤製作・自動化システム製作
    5か月間で習得した知識を活かし自動化システムの製作実習を行います。
電気基礎と電気配線工事

電気基礎と電気配線工事

有接点シーケンス制御技術

有接点シーケンス制御技術

PLC制御技術(基本)

PLC制御技術(基本)

PLC制御技術(応用)

PLC制御技術(応用)

CAD基本操作

CAD基本操作

制御盤製作・自動化システム製作

制御盤製作・自動化システム製作


目指す職種

  • 製造現場のオペレータの業務に関連した仕事での活躍を目指します。
  • 電気配線作業および制御盤製作などに関連した仕事での活躍を目指します。
  • 製造設備における自動化システムの設計・製作などに関連した仕事での活躍を目指します。
  • 製造ラインの保守・保全などに関連した仕事での活躍を目指します。

電気制御技術者の仕事

 電気制御の技術者は機械分野および電子・情報分野の技術者と重複する分野を多く習得しているので、自動化設備の設計、製造および管理・保守のどの業務においても、中心的な役割を担っています。基本的には設計、製造および管理・保守のそれぞれの業務に分かれ、異なる専門性を持って仕事することになります。
 設備設計では、仕様書の内容を満たした設備の設計や電気製図(機器設置図や配線図など)およびPLCを用いたプログラミングなど実施します。主にパソコンを用いた業務となります。
 続いて製造では、設計図や電気図面に合わせて、制御盤などを含む自動化設備の組立て(電気配線を含む)やPLC、センサなどの自動化機器を取付けます。その他、企業の規模によっては、自動化設備の管理・操作(オペレーション)を業務とし、これにより商品を製造します。
 最後に管理・保全では、自動化設備の点検(測定)・部品交換を実施し、マシントラブルを未然に防ぎます。不具合が発生した際には修理・部品交換を行い、正常な設備運用を実施します。
 このように、電気制御技術者の仕事はひとつではなく、専門性により異なってきます。従って、将来のキャリアアップを考慮した求人への応募が大切になります。


就職実績

84.6%(令和元年度・2年度平均)


賃金情報

  • 電気設計 20万~28万
  • 制御盤組立 20万~28万
  • 設備メンテナンス 16万~25万

修了生の声

  • 6か月があっという間に感じるほどの密度の濃い訓練を受けることができました。もらったテキストは訓練内容の思い出しだけでなく次の仕事でも役に立つと思います。
  • PLCを用いた機器の制御について学ぶことができ、6ヶ月目の実習では自動化装置を一から組立て、制御の一連の流れを再現することができました。

修了時に修得できる資格

・特別教育修了証(低圧電気取扱)


任意に取得できる資格

・第二種電気工事士
・技能検定(電気系保全作業・シーケンス制御作業)

問い合わせ先

 〇企画指導部事業課 TEL:0568-79-0512 FAX:0568-47-0677

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る