本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ITサポート科

訓練目標

ものづくり分野のIT人材をめざして!
TCP/IPやLinuxの知識・技能を身につけて、ネットワークおよびサーバ構築技術を習得します。また、JavaおよびHTML等の基礎を学び、WebやAndroid端末を活用するシステム開発を行います。

ITサポート科

訓練の概要(訓練により習得できる技能)

訓練では、ルータ等のネットワーク機器に触れて設定をしたり、コンピュータにLinuxをインストールするところからはじめて、DNSやWeb等のサーバを構築します。
また、プログラミング言語はJavaを基礎から学び、WebアプリやAndroidアプリの開発をします。これらの技能・技術を活用して総合システムの開発等を行います。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • Javaプログラミング技術を身につけて、アプリ開発等のプログラマを目指します。
  • ネットワークとLinuxの知識・技能を身につけて、インフラエンジニアを目指します。

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「PLC制御」

PLCとは工場等で使用されるコンピュータです。ラダー図と呼ばれるプログラムによってベルトコンベア等を自動制御する方法を習得します。

PLC制御

2.「ネットワーク/サーバ構築」

TCP/IPに関する基礎知識を学び、ネットワーク機器等の設定を行います。また、Linuxの基本操作を学び、各種サーバ構築技術を習得します。

ネットワーク/サーバ構築

3.「Javaプログラミング」

企業の情報システム開発やWebアプリ開発、Androidアプリ開発等に幅広く利用されているプログラミング言語であるJavaを習得します。

Javaプログラミング

4.「Webアプリ開発」

HTMLやCSS等のWebページ作成の基本を学び、さらにJavaScriptやサーブレット/JSPによるWebアプリ開発に関する技術を習得します。

Webアプリ開発

5.「Androidアプリ開発」

Javaの応用としてAndroidアプリ開発を行います。スマホ等の実機を使って学習することで、より目に見える形で技術が身についたと実感できます。

Androidアプリ開発

6.「総合システム開発」

これまでの訓練で習得した知識や技術を活用して、パソコンまたはAndroid端末を用いた総合システムの開発を各自またはチームで行います。

生産支援システム開発実習

総訓練時間

  • 668時間(6ヶ月コース)
  • 746時間(導入講習付き7ヶ月コース)

訓練に関する職種と仕事内容

訓練により就職可能な主な仕事

  • プログラマ
  • Webアプリ開発
  • Androidアプリ開発
  • テストエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバエンジニア

就職率

85.0%(令和2年度実績)


第1期生就職実績

  • プログラマ:10名
  • インフラエンジニア:3名
  • データエンジニア:1名
  • テストエンジニア:1名
  • テクニカルサポート:1名

ITサポート科との相性(こんな方に向いている!)

  • 論理的な思考が得意な方
  • 知識欲・好奇心が旺盛な方
  • 協調性がある方

任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる関連資格の一例です。
(※但し、合格を保証するものではありません。資格試験の詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください。)

・ITパスポート            ・基本情報技術者

・OCJP(Java認定資格)        ・LinuC(Linux技術者認定資格)

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る