本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

従業員の人材育成をお考えの事業主の皆様へ

生産性向上人材育成支援センター

支援メニュー

 平成29年4月、全国のポリテクセンター、ポリテクカレッジ等に中小企業等の生産性向上に向けた人材育成を支援することを目的とした「生産性向上人材育成支援センター」を開設しました。
 生産性向上人材育成支援センターでは、次の4つの主な人材育成メニューで、中小企業等事業主の皆さまの生産性向上を支援します。
(各項目をクリックしますと、該当する箇所にジャンプします。)


生産性向上支援訓練

生産性向上支援訓練説明

生産性向上支援訓練は、企業の生産性を向上させるために必要な知識・技能を習得する職業訓練です。
受講の対象者は、事業主および事業主から指示を受けた在職者(パート、アルバイトを含む全ての従業員)の方です。
企業が抱える課題やニーズに合わせて訓練内容を設定できるオーダーコース(最小催行人数6名)や、1名から参加可能なオープンコースをご用意しています。
訓練の実施にあたっては、要件を満たして登録された実施機関(訓練を実施する民間の教育機関)から最適な実施機関を選定のうえ、委託して実施します。

お知らせ

中小企業等DX人材育成支援コーナー

 生産性向上人材育成支援センターでは、中小企業等のDX(デジタルトランスフォーメーション)人材育成を推進するため、令和4年度から「中小企業等DX人材育成支援コーナー」を設置しています。
 支援コーナーでは、事業主の方が抱える「デジタル対応に係る人材育成上の悩み」について相談を受け付けています。生産性向上人材育成支援センターが提供する訓練等を継続的に受講することで、DX人材育成に関する課題解決に結び付けられるよう、計画的な支援を行っています。

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する対応について

生産性向上支援訓練を開催するにあたり、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施し、
受講者の皆さまが安心して受講いただける環境づくりに努めます。

※受講に際し、発熱・けん怠感・呼吸器症状がないことをご確認ください。
※会場では、マスク着用・咳エチケット・手指消毒・人との距離の確保をお願いします。
※各訓練実施機関に、適切な対策を依頼しています。


オープンコース(1名から受講可能です)

 地域の中小企業が抱える生産性向上に関する共通の課題等に対応した訓練(オープン方式)を幅広い受講者に対して実施します。

「人手不足なので訓練を受けさせられるのは1、2名」、
「どのような訓練なのか試しに受講させてみたい」といった場合には、
広く受講者を募集して実施するオープンコース方式による訓練のご利用をご検討ください。
 
 自社の受講者が少ない場合でも集合型の訓練を受けさせることができ、他社の従業員と一緒にグループワーク等を行うことで、自社の強みや課題の気づきにつながります。

※企業(事業主)からの受講指示を受けた在職者の方が対象となります。個人の方のお申込みはできません。
※受講後のアンケートにご協力お願いします。

なお、お申し込みの際は、各コースのチラシ裏面をご使用いただくか、「 生産性向上支援訓練受講申込書 」にご記入いただき、FAXまたはメールにてお送りください。

募集中のオープンコース

8月~10月開講のコース

生産性向上支援訓練オープンコース

生産性向上支援訓練オープンコース

生産性向上支援訓練オープンコース(IT業務改善)

生産性向上支援訓練オープンコース(IT業務改善)








オーダーコース

 当センターが、ご要望に合った訓練コースをご提案します。
 生産性向上に資する様々なカリキュラムを基に、企業が抱える課題やニーズに応じてオーダーメイドで
訓練コースをカスタマイズできます。

 受講者6名以上で、あなたの職場に講師派遣もできます。

 コースの詳細や訓練に関するご相談、ご要望がございましたら、
ポリテクセンター群馬内生産性向上人材育成支援センターまでお気軽にお問い合わせください。
(電話:027-347-3963)

Q

誰が教えてくれるのですか?

A

訓練は、機構が民間機関等に委託して、実施します。

Q

訓練は何時間ですか?

A

訓練は、ご要望に合わせて4~20時間の範囲内で、
座学と演習を組み合わせて実施します。

Q

訓練はどこで実施しますか?

A

自社の会議室での実施や、ポリテクセンター等の外部の研修施設の利用など、
お客様の要望に応じた対応が可能です。

Q

受講料はいくらですか?

A

受講料は1人あたり、以下の料金表のとおりとなります。

受講料金表

Q

具体的に、どのようなコース(カリキュラム)がありますか?

A

具体的には、「生産管理」、「IoT・クラウド活用」、「組織マネジメント」、「マーケティング」、「データ活用」などがあります。
以下の、「生産性向上支援訓練カリキュラムモデル」をご覧ください。


ご利用者様の声

生産性向上支援訓練を利用いただいた皆さまの声を、ご紹介しております。
ぜひ、ご覧ください!


能力開発セミナー

 中小企業等の在職者の方を対象に、仕事をする上で必要な専門知識及び技能・技術の向上を図るため、機械・金属、電気・電子、居住などのものづくり分野を中心に、設計・開発、加工・組立、工事・施工、設備保全などに関する訓練を実施します。
 地域の中小企業等の人材育成ニーズに対応した訓練コースを全国で多数実施しているほか、企業のご要望に応じてオーダーメイドで訓練コースを設定することもできます。



職業訓練指導員の派遣、機構施設・設備の貸出等

「研修を行いたいが、講師を担う人材が不足している」、「研修を行う場所がない」といったお悩みがある場合、ご相談の内容に応じて、当機構の職業訓練指導員を派遣や、当機構が運営するポリテクセンターやポリテクカレッジの施設設備(会議室、実習場及び設備・訓練用機器)の貸出しを行っています。



生産性向上支援訓練が上毛新聞の記事に掲載されました!

H30 2/1付の上毛新聞で、生産性向上支援訓練の訓練実施の様子が記事に掲載されました。

生産性向上支援訓練が上毛新聞の記事に掲載されました! (131.52 KB)

    

平成30年2月1日付の上毛新聞記事から。中小企業の人材育成について

お問い合わせ先

生産性センター業務課(生産性向上支援訓練担当)

  • TEL  027-347-3963
  • FAX  027-347-6667
  • メールアドレス  gunma-seisan@jeed.go.jp

訓練課 能力開発セミナー担当(在職者訓練担当)

  • TEL  027-347-3905
  • FAX  027-347-6668

訓練課 離職者訓練担当

  • TEL  027-347-3736
  • FAX  027-347-6668

Adobe Reader
※PDFをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。 お持ちでない方は、上のボタンをクリックして、Adobe Acrobat Reader DCをダウンロードしてください。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る