本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

事業主の方へ

生産性向上支援訓練 (IT業務改善)


お知らせ

令和4年
3月31日 
生産性向上支援訓練受講者変更届改訂版 を掲載しました。
      
生産性向上支援訓練受講取消届改訂版 を掲載しました。
 
令和4年
3月31日 
生産性向上支援訓練のご案内改訂版 (1.36 MB) を掲載しました。
      
生産性向上支援訓練オーダーコースのご案内改訂版 (2.09 MB) を掲載しました。
 
令和4年
3月31日 
相手に伝わるプレゼン資料作成と提案 (508.59 KB) リーフレットを掲載しました。
 
令和4年
3月31日 
オープンコースガイド を掲載しました。
      生産性向上支援訓練(6月~7月)
      生産性向上支援訓練(IT業務改善)(6月~9月)
 
令和4年
3月31日 
生産性向上支援訓練オープンコースカレンダー最新版及びオープンコース一覧(年間)最新版  
      を掲載しました。
 
令和4年
3月31日 
2022年度生産性向上支援訓練(IT業務改善)オープンコース を掲載しました。
 
令和4年
1月28日 
生産性向上支援訓練カリキュラムモデル2022年1月版Ver14 を掲載しました。

令和4年
1月28日 
生産性向上支援訓練受講申込書改訂版 を掲載しました。
 
令和3年
3月15日 
メールアドレスを変更いたします。令和3年4月1日以降は旧メールアドレスでは受信できま
       せんので、ご留意願います。
       変更前 shiga-seisan@jeed.or.jp 
       変更後 shiga-seisan@jeed.go.jp
 
令和3年
3月4日  
令和3年度からページの名称を「IT活用力セミナー」から「生産性向上支援訓練(IT業務改
       善)」に変更します。
 
令和2年
10月1日 
生産性向上支援訓練/IT活用力セミナー利用企業の声(株式会社北川鉄工所) (146.80 KB)

      を掲載しました。

 

生産性向上支援訓練(IT業務改善)

生産性を向上させるための手段としてIT(インフォメーションテクノロジー)を利活用する上で必要となるネットワーク、データ活用、情報発信、倫理・セキュリティに関する知識・手法の習得を主な目的とする職業訓練です。

 

訓練の概要


◆カリキュラム
 カリキュラムは、ネットワーク、データ活用、情報発信、倫理・セキュリティの分野に属するカリキュラムモデルをもとに、貴社のご要望に応じてカスタマイズ可能です。
生産性向上支援訓練カリキュラムモデル2022年1月版Ver14 (4.77 MB)  

◆受講対象者
 会社からの指示により受講される方(個人での受講はできません。)
◆実施方式 
 ・オ-ダ-コ-ス
  中小企業等が抱える課題やご要望に応じてカリキュラムをカスタマイズするコース
 ・オ-プンコ-ス
  少人数からでも受講可能な地域の中小企業等に共通する課題に対応したコース
◆訓練時間・日程 ※オーダーコースの場合
 訓練時間は4時間~30時間の間で、ご要望に合わせて設定できます。
 夜間や土日の訓練、一日当たりの訓練時間が短時間の設定も可能ですが、実施機関の都合により、ご
  要望にお応えできないこともあります。
 ※訓練コース毎に推奨訓練時間があります。
◆講師・実施機関
 専門的な技能やノウハウを持つ民間教育機関等が訓練を担当します。
◆会場 ※オーダーコースの場合
 お客様の自社会議室や県内パソコンスクール(パソコンを使用するコース)など、ご相談に応じ
 ます。
◆定員 ※オーダーコースの場合
 10名~30名を標準とします。
◆受講料
 訓練時間4時間から11時間の訓練コース   受講者1人当たり2,200円(税込)
 訓練時間12時間から17時間の訓練コース  受講者1人当たり3,300円(税込)
 訓練時間18時間から30時間の訓練コース  受講者1人当たり4,400円(税込)
・条件を満たす場合には人材開発支援助成金の利用も可
◆リーフレット(IT活用力セミナーは令和3年度から生産性向上支援訓練に組み入れます。)
生産性向上支援訓練のご案内 (1.36 MB)  
生産性向上支援訓練(オーダーコース)のご案内 (2.09 MB)
 実施機関の申請・認定については、 事業主の方(民間教育機関・団体等)へ をご覧ください。
 生産性向上に関する課題やニーズに対応した訓練については、
生産性向上支援訓練 をご覧ください。
 
 

生産性向上支援訓練(IT業務改善)オープンコースのご案内

 
 生産性向上人材育成支援センターでは、地域の中小企業が抱える共通の課題等に対応した訓練コース(オープンコース)を設定し、幅広い受講者を募集して訓練を実施します。


(注)同じコース名であっても、訓練実施機関により使用テキストが違うため、訓練内容が若干異なる場合があります。

オープンコースガイド【生産性向上支援訓練6月~7月・生産性向上支援訓練(IT業務改善)6月~9月】開講分 (4.35 MB)



  
 
【申込方法】「生産性向上支援訓練受講申込書」にご記入のうえ、FAXまたは電子メールにてご送信ください。

生産性向上支援訓練受講申込書 PDF版 (162.01 KB)  
生産性向上支援訓練受講申込書 Excel版 (30.67 KB)  

ファックス 077-537-1215
電子メール shiga-seisan@jeed.go.jp
 
【受講までの流れ】申込受付後、請求書を郵送します。内容をご査収のうえ、開講日の14日前(土日・祝日を含む)までに指定口座にお振り込みください。入金確認後、開講の10日前を目途に受講票を郵送します。
 
【受講取消】お申し込み後、キャンセルされる場合は、「生産性向上支援訓練受講取消届」にご記入いただくか、あるいは、送信いただいた申込書に「キャンセル」と追記いただき、FAXまたは電子メールにてご送信ください。開講14日前を過ぎてからのキャンセルは、受講料をご負担いただきます。
 
生産性向上支援訓練受講取消届 PDF版 (101.07 KB)  
生産性向上支援訓練受講取消届 Excel版 (25.41 KB)  

【受講者変更】お申し込み後、受講者を変更される場合は、「生産性向上支援訓練受講者変更届」にご記入いただくか、あるいは、送信いただいた申込書に「受講者変更」と記載いただき、変更後の受講者名・ふりがな・性別・年齢・就業形態を記入し、FAXまたは電子メールにてご送信ください。

生産性向上支援訓練受講者変更届 PDF版 (125.46 KB)
生産性向上支援訓練受講者変更届 Excel版 (28.62 KB)

 

2022年度



 
2022年度生産性向上支援訓練オープンコースカレンダー (159.23 KB)  
 
2022年度生産性向上支援訓練オープンコース一覧(年間) (184.20 KB)  
 
【コース番号・コース名】 010 表計算ソフトを活用した業務改善
【コースのねらい】表計算ソフトについて、業務で必要となる各種用途に応じた実習を通して、業務改善につながる活用方法を習得します。
【学ぶ基本項目】表計算ソフト概要と基本操作/文書作成ソフトと表計算ソフトの用途の違い/ワークシート活用
【レベル】Excel初級
【対象者層】Excelをこれから初めて使う方、使い始めて日が浅い方
【対象者】日本語入力、マウス操作ができる方/Excelで表の作成や四則演算の入力の経験がない方・経験の浅い方/「オートSUM」を使ったことがない方、あまり使っていない方
【利用ソフト】Excel2019
【日程】2022年6月21日(火)9時30分から16時30分(6時間)
【場所】ユウコム草津校(草津市)
【実施機関】株式会社ユウコム
【受講料】2,200円(税込)
詳細内容【表計算ソフトを活用した業務改善】 (388.20 KB)  
 

【コース番号・コース名】 011 業務に役立つ表計算ソフトの関数活用
【コースのねらい】業務の効率化をめざして、事務処理に必要なデータ処理における表計算ソフトの関数の効果的な活用方法を習得します。
【学ぶ基本項目】データの処理/関数の実務活用
【レベル】Excel中級
【対象者層】Excelの機能を使って業務を効率化したい方
【対象者】Excelで表の作成・文字(日本語)入力・四則演算の入力や複写などの基本操作ができる方
「オートSUM」がわかる方/これから関数(IF、COUNT、VLOOKUP、SUMIFなど)を使いたい方、使い始めて日が浅い方
【利用ソフト】Excel2016あるいはExcel2019
【日程】2022年6月23日(木)・24日(金)9時30分から16時30分(12時間)
【場所】キャリアプラザビット滋賀本校(栗東市)
【実施機関】株式会社ビット
【受講料】3,300円(税込)
詳細内容【業務に役立つ表計算ソフトの関数活用】 (391.52 KB)  
 
 
【コース番号・コース名】 012 効率よく分析するためのデータ集計
【コースのねらい】効率よく大量のデータを分析するための、表計算ソフトを活用したデータ集計手法を習得します。
【学ぶ基本項目】データ集約/データ集計/データ集計に役立つ機能
【レベル】Excel中級
【対象者層】Excelの機能を使ってデータの集計を効率化したい方
【対象者】Excelで表の作成・文字(日本語)入力・関数の入力、複写などの基本操作ができる方/これからExcelのデータベース機能を使いたい方、使い始めて日が浅い方
【利用ソフト】Excel2016あるいはExcel2019
【日程】2022年7月12日(火)9時30分から16時30分(6時間)
【場所】ポリテクセンター滋賀(大津市)
【実施機関】株式会社東京ナレッジプラン
【受講料】2,200円(税込)
詳細内容【効率よく分析するためのデータ集計】 (395.85 KB)  
 
 
【コース番号・コース名】 013 表計算ソフトを活用した業務改善
【コースのねらい】表計算ソフトについて、業務で必要となる各種用途に応じた実習を通して、業務改善につながる活用方法を習得します。
【学ぶ基本項目】表計算ソフト概要と基本操作/文書作成ソフトと表計算ソフトの用途の違い/ワークシート活用
【レベル】Excel初級
【対象者層】Excelをこれから初めて使う方、使い始めて日が浅い方
【対象者】日本語入力、マウス操作ができる方/Excelで表の作成や四則演算の入力の経験がない方・経験の浅い方/「オートSUM」を使ったことがない方、あまり使っていない方
【利用ソフト】Excel2019
【日程】2022年7月13日(水)9時30分から16時30分(6時間)
【場所】PCカレッジスタック近江八幡校本校(近江八幡市)
【実施機関】有限会社スタック
【受講料】2,200円(税込)
詳細内容【表計算ソフトを活用した業務改善】 (424.83 KB)  
 
 
【コース番号・コース名】 014 相手に伝わるプレゼン資料作成と提案
正式名称は、「相手に伝わるプレゼン資料作成」です。
【コースのねらい】プレゼンテーションソフトを活用し、相手に伝えたい内容をよりわかりやすく伝えるためのプレゼン資料作成方法を習得します。
【学ぶ基本項目】プレゼンテーションソフトの活用/目的に合わせたスライド作成/資料提案時のポイント
作成した資料で実際にプレゼンテーションを行います。
【対象者層】プレゼンテーション力を向上させたい方/PowerPoint初心者
【対象者】Word、Excelで表の作成や文字(日本語)入力ができる方/仕事でこれからPowerPointを使って、社内外に説明や提案を行う方、使い始めて日が浅い方/説明や提案のポイントを知りたい方
【利用ソフト】PowerPoint2016
【日程】2022年8月4日(木)・5日(金)9時30分から16時30分(12時間)
【場所】ポリテクセンター滋賀(大津市)
【実施機関】株式会社東京ナレッジプラン
【受講料】3,300円(税込)
詳細内容【相手に伝わるプレゼン資料作成と提案】 (393.24 KB)  
あわせて
相手に伝わるプレゼン資料作成と提案(受講申込書付き) (508.59 KB) もご覧ください。
 
 
【コース番号・コース名】 015 表計算ソフトのマクロによる定型業務の自動化
【コースのねらい】表計算ソフトを活用する際、業務効率を向上させるために必要となる定型業務の自動化を実現するためのマクロの作成手法を習得します。
【学ぶ基本項目】マクロの基本知識/基本文法/制御文法
【レベル】Excel上級
【対象者層】Excelの機能を使って繰り返し作業を効率化したい方
【対象者】IF関数の条件分岐がわかる方/マクロを使ったことがない方、使い始めて日が浅い方/マクロを使って、定型業務を効率化したい方
【利用ソフト】Excel2016あるいはExcel2019
【日程】2022年9月8日(木)・9日(金)9時30分から16時30分(12時間)
【場所】キャリアプラザビット滋賀本校(栗東市)
【実施機関】株式会社ビット
【受講料】3,300円(税込)
詳細内容【表計算ソフトのマクロによる定型業務の自動化】 (429.01 KB)  
 
 
【コース番号・コース名】 016 業務に役立つ表計算ソフトの関数活用
【コースのねらい】業務の効率化をめざして、事務処理に必要なデータ処理における表計算ソフトの関数の効果的な活用方法を習得します。
【学ぶ基本項目】データの処理/関数の実務活用
【レベル】Excel中級
【対象者層】Excelの機能を使って業務を効率化したい方
【対象者】Excelで表の作成・文字(日本語)入力・四則演算の入力や複写などの基本操作ができる方
「オートSUM」がわかる方/これから関数(IF、COUNT、VLOOKUP、SUMIFなど)を使いたい方、使い始めて日が浅い方
【利用ソフト】Excel2016
【日程】2022年9月13日(火)・14日(水)9時30分から16時30分(12時間)
【場所】国際経営情報専門学校(大津市)
【実施機関】学校法人大津文化学園
【受講料】3,300円(税込)
詳細内容【業務に役立つ表計算ソフトの関数活用】 (418.57 KB)  
 
 
【コース番号・コース名】 017 ピボットテーブルを活用したデータ分析
【コースのねらい】表計算ソフトのピボットテーブル機能を活用し、効率よく大量のデータを集計し、様々な視点からデータの分析を行うための手法を習得します。
【学ぶ基本項目】多角的データ分析/ピボットグラフによるデータの見える化/複数テーブルの分析
【レベル】Excel中級
【対象者層】Excelの機能を使ってデータの集計・分析を効率化したい方
【対象者】Excelで表の作成・文字(日本語)入力、複写などの基本操作、データの並べ替えができる方/これからピボットテーブル機能を使いたい方、使い始めて日が浅い方
【利用ソフト】Excel2016あるいはExcel2019
【日程】2022年9月27日(火)9時30分から16時30分(6時間)
【場所】キャリアプラザビット滋賀本校(栗東市)
【実施機関】株式会社ビット
【受講料】2,200円(税込)
詳細内容【ピボットテーブルを活用したデータ分析】 (375.09 KB)

生産性向上支援訓練(IT業務改善)活用事例

令和2年度まで「IT活用力セミナー」として実施しました。
 
訓練活用事例

(機構本部ホームページ)
訓練を活用して企業の生産性向上を図っている事業主や受講者の声を掲載しています。
 

・生産性向上支援訓練(IT業務改善)の利用企業の声
滋賀職業能力開発促進センター(ポリテクセンター滋賀)の生産性向上支援訓練(IT業務改善)を利用された方の声をご紹介します。

 
会場の詳細は各会場公式ホームページをご覧ください。

キャリアプラザビット滋賀本校
PCカレッジスタック近江八幡校本校・八木教室
ポリテクカレッジ滋賀
国際経営情報専門学校
彦根商工会議所
ユウコム草津校

 

お問い合わせ先

生産性向上人材育成支援センター
生産性センター業務課
電話    077-537-1176
ファックス 077-537-1215
電子メール shiga-seisan@jeed.go.jp

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のご案内(厚生労働省)

 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー)や生産性向上支援訓練をご利用いただいた事業主の方は、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する「人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)」を受けることができます。
 助成金のご利用には、一定の要件、お手続きがございますので、滋賀労働局助成金コーナーまでお問い合わせください。

 

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のご案内(厚生労働省)
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る