本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

クレーン運転科 入所月(4月・10月)募集定員(30名)


コースの概要

 クレーン・デリック及び移動式クレーン等の運転操作並びに荷扱い方法等の知識・技能・技術を習得します


受講前提条件

  • 普通自動車免許を有し、クレーン運転士等の資格を取得し、関連の就職をめざす方

目標

  • 6ヶ月でクレーン・デリック、移動式クレーン運転と玉掛け、フォーク運転作業の仕事ができる

訓練内容

専門学科

  • クレーン等に関する構造及び取扱い
  • 原動機及び電気
  • 応用力学
  • 玉掛け法及び合図
  • クレーン等に関する安全衛生
  • 労働安全衛生法等

関連学科

  • フォークリフトに関する知識
  • 関係法令

実技

  • クレーン等に関する運転実習
  • 質量目測
  • 玉掛及び合図実習
  • 点検及び整備実習
  • 安全衛生作業法

関連実技

  • フォークリフト実習

実習機器及び風景

クレーン・デリック実習1

      クレーン・デリック実習1

クレーン・デリック実習2

       クレーン・デリック実習2

移動式クレーン実習1

       移動式クレーン実習1

移動式クレーン実習2

      移動式クレーン実習2

フォークリフト運転実習

       フォークリフト運転実習

ジブクレーン応用実習

       ジブクレーン応用実習


めざす職種

  • 港湾・倉庫・建設業でのクレーンオペレーターや玉掛け作業

取得可能な資格等

修了時に取得可能な資格

  • クレーン・デリック運転士免許
  • 職業訓練修了証明書(玉掛けの業務)
    (「職業訓練修了証明書」は技能講習と同等の資格です。)

外部受験により取得可能な取得

  • 移動式クレーン運転士免許

技能講習

フォークリフト運転技能講習修了証
【愛知労働局登録第63号、登録有効期間満了日:令和6年3月30日】

特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育修了証

技能検定受験資格

 クレーン運転科を修了すると、「職業能力開発促進法施工規則」により、2級技能検定「ロープ加工」の受検資格が得られます。

「ロープ加工」

 運搬等に使用されているワイヤロープなどの各種ロープは、安全な作業を行うためのその強度、加工方法などが重要な要素となっています。「ロープ加工」の技能検定では、ロープの加工に必要な技能・知識を理解しているかが問われます。
 2級技能検定「ロープ加工」を受験するためには2年以上の実務経験が必要ですが、クレーン運転科を修了すると、実務経験なしで受検することができます。

「ロープ加工の技能検定」について(全日本ロープ加工組合連合会)

就職実績

就職率

 平成30年度実績 97.8% 
 令和 元年度実績 94.4% 
 令和 2年度実績 91.1%

就職先業種

 港湾企業、移動式クレーン業、倉庫業、物流業、リサイクル業他

就職先企業

 伊勢湾海運、フジトランスコーポレーション、名海運輸作業、上組、愛知海運、名古屋港鉄鋼埠頭、
 国見重機工業、ジェイアール貨物・東海ロジスティクス 他多数(敬称略)

お問い合わせ先

ポリテクセンター名古屋港(訓練課業務係)

所在地

〒455-0844 名古屋市港区潮凪町3番地

TEL

052-381-2775

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る