グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  授業・学科紹介 >  千葉キャンパス >  住居環境科

住居環境科


建築士として実社会で活躍
住居環境科は、建築系学科の流れを汲む工学系の学科です。建築計画、建築構造、建築施工について、基礎から応用までを学んでいきます。科目は、CADから構造力学、測量、施工方法、さらにCG制作やインテリア設計まで幅広く用意されています。また、木造やコンクリートの強度を確かめる構造実習や、実際の土地で家を設計する実習科目も数多く設置、座学にとどまらない実践的な技術の習得が可能です。修了時には、国家資格である2級建築士と木造建築士の受験資格が取得できます。また修了後にインテリアから施工管理まで幅広い職種に就けるのも特徴です。
 
 

関連科目

建築計画

建築物の計画や設計に関する知識と技術を習得します。
建築設計実習
建築士を目指す実力養成実習で、複雑な機能を持つ建築物の設計手法と納まりを習得します。
インテリア設計実習
店舗設計の基礎と理論を学び、実技演習をとおして設計技術を修得します。
プレゼンテーション実習
図法をもとに、各種プレゼンテーション技法を実技演習をとおして修得します。

 

建築施工

建築物の工事に関わるすべてのことを学びます。
建築施工実習
木造建築物の施工能力と、鉄筋コンクリート造建築物の躯体工事について正しい施工方法と実務処理の能力を習得します。
建築・測量実習
建築物の調査・企画・施工に必要な測量技術を習得します。(主に、平板測量、多角測量、水準測量についての技術を習得)
施工図実習
木造(木造軸組工法)・鉄筋コンクリート造の施工図面を作成し、構造と仕組を理解します。

 

建築構造

建築物に作用する力が骨組や基礎へ及ぼす影響を学びます。
構造力学
建築構造力学の基本的な用語の理解、静定構造の解法、断面の性質、応力と変形の関係、座屈等について理解する事を目標とします。
構造設計
建築構造物(特にコンクリート系構造物・鉄骨系構造物)の基本的な設計の理解を目標とします。
建築材料実験
構造材料破壊実験を通じて、構造材料の特性の理解を深めることを目標とします。

学生の声

住居環境科 H.Kさん
基礎を固め将来に継げられる

 私がこの学校を選んだ理由は建築のことを基礎から学べることと、実習の授業が多いからです。私は普通科高校出身で、建築の知識は何もありませんでした。ですが、授業はとても丁寧で分かりやすく、学生が少人数のため先生との距離も近いので分からない事があれば、すぐに聞くことができるので授業においてかれることはありません。
 1年生の後期から実習の時間が多くなり、学科で学んだ事をすぐに活かせるので、とても効率よく理解することが出来ます。また、家の設計をするなど、実践的な授業もあり、仕事へのイメージがしやすく将来の進路が決めやすくなり、達成感もあじわうことができます。
 2年間という短い期間で、建築の事を深くまで学ぶことができ、どこの学校よりも充実した学校生活を送ることができます。
住居環境科 A.Tさん
大工である祖父への憧れ

 幼い頃から建築関係に興味があり、大工である祖父の背中を見て育ってきました。何度か現場を見に行く機会があり、たくさんの人が全員で協力して建てていく姿がとてもかっこよく見え、自分が設計や建築したものが今後も残るという所に憧れて住居環境科を選びました。
 入学して間もない頃、若年者ものづくり競技大会があり、大工を憧れる仲間達と放課後に試行錯誤して上位を目指して頑張りました。実際に現場で働く大工の方に技術的な指導を受け、より実践的な経験ができます。
 今まで座学だけで理解しきれなかった部分も、実際に頭と体を動かして学び、覚えた知識を活用していく事が楽しく達成感がありました。
 少人数制で先生との距離が近く感じられることも学校の強みだと思います。スポーツ大会や文化祭、集中実習など、楽しいことがたくさんある学校です。

修了後の就職

株式会社ティーエスケー 株式会社カトウ建築事務所
株式会社西澤構造設計事務所 株式会社ピーディーシステム
株式会社小野設計社 株式会社山田工務所
株式会社向後構造設計事務所 株式会社片山組
新日本建設株式会社 株式会社装備
有限会社山辺構造設計事務所 栗本建設工業株式会社
佐藤工業株式会社 株式会社小川工務店