本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上人材育成支援センター

生産性向上支援訓練のご案内

『生産性向上支援訓練』とは、中小企業等の生産性向上に必要な知識等を習得するために、あらゆる産業分野で必要とされる“生産管理、IoTやクラウドの活用”などのカリキュラムを、利用企業の課題に合わせてカスタマイズし、専門的な知見やノウハウを有する民間機関等を活用して実施している職業訓練です。

令和3年度生産性向上支援訓練募集コースについて

オープンコースのご案内

令和3年度生産性向上支援訓練オープンコースの日程及び、コース内容です。
なお、現時点(令和3年9月24日)の予定であり、変更等が生じる場合は都度修正いたします。

日程一覧及び個別のコース案内

生産性向上支援訓練(IT業務改善分野)(旧IT活用力セミナー)のご案内

このコースは、中小企業が生産性を向上させるための手段としてITを利活用する上で必要となるネットワーク、データ活用、情報発信、倫理、セキュリティに関する知識・手法の習得を主な目的としています。

70歳までの就業機会の確保に資する中高年齢層向け生産性向上支援訓練(ミドルシニアコース)のご案内

人手不足の深刻化や技術革新が進展する中、中小企業等が事業展開を図るためには、従業員を育成し、企業の労働生産性を高めていくことに加えて、70歳までの就業機会の確保に向けて企業を支えるミドルシニア世代の役割の変化へ対応できる能力や技能・ノウハウを継承する能力を育成することが重要です。
生産性向上人材育成支援センターでは、生産性向上支援訓練の新たなメニューとして、令和2年度から「ミドルシニアコース」を開始し、中高年齢層の従業員の“生涯キャリア形成”を支援しています。

受講申込書のダウンロード

生産性向上支援訓練にお申し込みされる際は、下記の受講申込書に必要事項をご記入いただき、メール、FAX、郵送等の方法で送付してください。
なお、メールで送付する場合は個人情報保護の観点からパスワードをかけて送付していただきますよう、お願い申し上げます。

オーダーコースのご利用 受付中

企業のご要望(日程、場所、カリキュラム内容等)に合わせて、当センターのカリキュラムモデルをカスタマイズしたコースを実施できます。
オーダーコースの場合は、受講者は6名以上から承ります。複数の企業・団体(事業主団体、商工会など)の合同開催も可能です。
随時、ご相談を受け付けておりますので、ご連絡ください。
※ご連絡をいただいてから実施までは、約2ヶ月程度必要となります。

人材開発支援助成金のご案内(厚生労働省)

生産性向上支援訓練や在職者向け職業訓練をご利用頂いた事業主の方は、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する、人材開発支援助成金を受けることができます。
助成金のご利用には、一定の要件、お手続きがございますので、事業所所在地を管轄する労働局、各ハローワークの助成金担当窓口までお問い合わせください。

「人材開発支援助成金OFF-JT実施状況報告書(様式8-1)」、「人材開発支援助成金(特定訓練コース・一般訓練コース)支給申請承諾書(様式12)」への署名、受講証明書の発行については、ポリテクセンター富山で行いますので、下記ファイルを使用して依頼文を作成していただき、メール、または郵送にて送付していただきますようお願いします。

お問い合わせ先

ポリテクセンター富山(富山職業能力開発促進センター)
生産性センター 業務課
TEL:0766-28-6903
FAX:0766-28-6931
メール:toyama-seisan@jeed.go.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る