受験生のみなさまへ

生産機械システム技術科

ロボット開発や生産工程構築に必要な能力を育む。

機械技術を中心に、エレクトロニクス、情報技術などを融合し、実用的なロボットや機械装置の製品開発、生産工程の構築・改善などにおいて、現場ニーズに的確に応えられる能力を有する人材を育成します。

こんな環境で学べます

正しく安全に

実習環境をフルに活用するための基礎力をアップ。今後の実習で使用する治具を製作します。

理解し用いる

提示課題へ組立・動作に必要な情報を付加し、精度を保証する加工手順を考案します。

設計力の育成

提示された仕様(目標とする装置の働き)に合致する機構設計と制御プログラミングを行います。

課題イメージ

課題イメージを言葉と数値で表現する段階からはじめ、設計、製作、組立、調整、検査、評価、報告までを行います。課題完成に不可欠な制御分野、ソフトウェア分野との橋渡しもワーキンググループ方式を通し行います。

カリキュラム
主な専攻学科 製品材料設計、精密機器設計、自動化機器設計、精密加工応用、計測制御、センシング自動化機器、生産自動化システム
主な専攻実技 CAD/CAM応用実習、CAE実習、精密加工応用実習、計測制御応用実習、センシング応用実習、自動化機器応用実習、生産自動化システム実習、標準課題実習、開発課題実習

Message from 在学生

竹本 侑己さん

豊田高等学校出身

私は普通科高校出身のため入学前少し心配でした。しかし、少人数制ということもあり分からないことや相談がとてもしやすい先生・学校の雰囲気でした。そして意外と普通科で培われた「座学」が有利だと感じました。また、一般の大学と違ってカリキュラムが決まっているので授業を受けやすいですし、いくつかの資格取得が可能なことも魅力かと思います。

古川 雅人さん

大垣工業高等学校出身

高校卒業後に就職という選択肢もありましたが、知識・技能どちらも不十分であり、もっと学びたいと進学を決断しました。当校は他大学と違い、「見て学ぶ」ではなく「触って、動かして学ぶ」ことができると感じました。また、授業によってグループワークを行いスケジュール作成から話し合いといった企業に入ったときに必要となる自己管理能力とコミュニケーション力を高めることができます。

Message from 先生

村上 雅洋先生

応用課程の2年間は、これまで学んできた集大成として課題に取り組みまず。異なる学科の学生とチームを組み、ゼ口から形にする作業は、互いのコミュニケーションを高め合い、スケジュールを管理したり、技術を磨いたりできる訓練の場です。専門技術に加えて5Sなど現場の管理と 安全に必要なノウハウもきちんと身に付けて職業意識を高めてほしいと思っています。

学生の実習作品

「精密機器」の製作から制御までのものづくりの課題としての位置づけを持ち、また、グループワーキング方式による実習でコミュニケーションスキルを養成します。

直線ガイド一軸スライドテーブルの製作実習

2本のL字型ガイド上をテーブルがすべり案内され移動する機械装置を製作します。スライドテーブルのストローク調整用とオーバーラン防止用にリミットスイッチセンサを用いており、また、ロータリーエンコーダによりスライドテーブルの位置情報を取り出す仕様となっています。
空気圧FAシステムの製作実習

材質と色の違う3種類のワークを分別収納する装置を製作します。分別のための各種センサ、ピックアンドプレースのための空気圧シリンダ、直線ガイド一軸スライドテーブルを使います。制御はタッチパネルとPLCを使用します。

主要設備

  • 半自動フライス盤(牧野フライス製KE55):5台
  • 半自動旋盤(滝澤鉄工所製TAL460):2台
  • 精密旋盤(理研製鋼株式会社製PBL51):1台
  • 平面研削盤(岡本工作機械製作所製PSG63DX):1台
  • ワイヤカット加工機(Sodick製AG600L):1台
  • 5軸加工機(ヤマザキマザック製VARIAXIS-i700):1台