本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

就職活動支援

当センターに入所された後は、専門スタッフのサポートを受けていただきながら、当センターやハローワークに寄せられた求人をご紹介いたします。

就職支援コーナー

就職支援コーナーのご案内

  • 今まで身に付けた能力で何ができるか知りたい。
  • パソコンによる適職診断を活用をしたい。
  • 希望する仕事に就くために必要なスキルを知りたい。
  • スキルアップのための情報を入手したい。
  • 履歴書・職務経歴書を整理したい。
  • ジョブ・カードを作成したい。
  • 面接のポイントを知りたい。
  • 求人情報を収集したい。

 

専門のアドバイザーによるキャリアコンサルティングをおこなって、支援いたします。

フロアガイド

フロア案内図

■個別相談コーナー

キャリアの棚卸、求職活動の進め方などお気軽にご相談ください。就職支援アドバイザーが、あなたの気持に沿って、相談に応じています。自分を見つめ直し、自信を持って、次のステップへ!

個別相談コーナー風景

■インターネット閲覧

インターネットでの求人検索や、企業情報の収集などができます。

インターネット閲覧風景

■求人閲覧

各科に関連する求人情報をご覧いただけます。

求人閲覧ボード風景

■コミュニティボード

先輩たちの生の声をご覧いただけます。就職活動の励みになります!

コミュニティボード風景

■ ワーキングスペース

履歴書、職務経歴書、ジョブ・カード等の作成にご利用ください。

ワーキングスペース風景

■ 書籍閲覧・情報収集

閲覧用書籍のほか、求人情報に関するフリーペーパーも設置しています。お気軽にご覧ください。

書籍・情報収集風景1
書籍・情報収集風景2

先輩たちの声

溶接施工技術科

就職が決まりました。面接官の方に言われたのですが、決め手は「大きな声での挨拶」だったようです。やはり第一印象は重要のようです。

面接が得意な方は、なかなかいないと思いますので、まずは就職支援コーナーで履歴書の書き方と面接の練習を行うと良いでしょう。100%確率が上がる筈です。無対策で面接に行くのは無謀ですからね。

頑張って下さい!

溶接施工技術科(企業実習付コース)

あっという間の7ヵ月間でした。

先生方からも熱心に指導していただけたので、楽しく技術を磨けました。ここに来る前は、そもそも自分のモチベーションが違い、面接に行っても相手にされないこともありました。でも訓練を頑張って取り組むことで目標もできて、職もすぐに決まりました。

大切だったのは、自分がどうなりたいかを考えること。「こうなりたい」というのがあれば、面接に行っても相手にやる気が伝わります。

最後に、科の人は皆良い人たちで、本当に良かったです。先生方も個性的でたくさんのことを聞けましたし、とても丁寧に教えてもらえたので、身になりました。ありがとうございました!

CAD・CAMエンジニア科

50代でも正社員の内定を頂きました!!

訓練校では、より専門的で業界に沿った相談ができます。訓練校に来た大きなメリットを活用するために、応募書類には、「CAD・CAMエンジニア科」という訓練科名だけではなく訓練項目と自己PRを書き、ポートフォリオを添付しました。

また、応募書類を作成する前に自分でしっかりジョブカードを準備することで、有益なアドバイスを頂けます。

どうぞ、悔いの残らないように訓練期間をがんばって下さい。

機械加工技術科(企業実習付コース)

合同企業説明会で出会った企業です。小さなブースでは、企業の方にたくさん質問が出来、たくさんお話ができるのでおすすめです。「工場見学に行きたい」「面接させて下さい」と自身で意欲を持ってアプローチをかけることが出来た事が決め手だったと思います。

就職は縁もあるかもしれません。常に動き続けてください。

今年48才で就職(正社員)が決まりました。

約2年間のブランクがあり、ポリテクセンターに入って勉強しながら毎日のようにハローワークに行きましたが、不採用の連続が続いて、かなり落ち込みました。就職が決まらないまま修了するのかと思いましたが、ようやく就職が決まりました。

これからは一日も早く仕事を覚えて、会社の戦力になりたいと思います。

先生方、就職支援コーナーのアドバイザーの皆さん、大変お世話になりました、ありがとうございました。

CADものづくりサポート科(現:CAD生産サービス科(女性専用コース))

最初は30代後半になってからの就活に不安で「年相応の受け答えをしなくては」とガチガチに気負って受けた面接は落ちました。

が、その後模擬面接で他の人の面接の受け答えをみて、うまく取り繕うより、自分の素を出せる人の方が魅力的に見えるんだなと感じました。自分は新卒生ではないし、できるだけたくさんの面接官と会話して、今までの自分のことを知ってもらえるよう努めたところ、気負うこともなくなり、いくつか内定をいただくことができました。

ある意味、年相応の就活ができ、自分が選ぶ側になれたことがよかったです。

生産管理実務科

挨拶運動を行ったことにより、面接でもしっかりと『大きな声』で対応することができました。おかげさまで内定をいただきました。

面接ははっきり話し、目線をそらさず受けることを心がけてください。礼儀、マナー、言葉づかい、立ち振る舞いなどを身につけるため、頑張りました。皆様も必ず内定が取れると思います!

『大きな声』で明るく前向きに、訓練や就活に挑んでください。応援しています!!

電気設備技術科

ポリテクで訓練を受けてまじめに勉強するつもりではいるけれど、肝心の就職活動をどうしてよいかサッパリわからない。そんな私が希望する条件の仕事に就くことができたのは、就職支援コーナーのアドバイザーの皆さんが、親身になって相談に乗って下さったからでした。

質問内容は、職務経歴書やお礼状の書き方をはじめ、それらのちょっとした言葉遣いの確認のお願いはもちろん、さらに自己アピールできる自分の長所が見つからない、求人票からどうやって職務経歴書の内容を拾って良いか分からない等々。教えてもらいに行った回数は数えきれません。

面接の前段階のあれやこれやで「こんなことまで質問するの?」と思われる質問でも、嫌な顔一つせず丁寧に教えてもらったおかげで、数年前は面接で手が震えたことがある私でも、今回は落ち着いて面接に挑むことができました。感謝してもしきれません。

みなさんも、一人で思い悩む時間は、全部質問タイムに回しちゃいましょう!

電気設備技術科(企業実習付コース)

おかげさまで再度新たな分野に社会復帰することができました。

徹底的に自己の棚卸をし改めることで、選択肢が増え視野が広がりました。

講師、就職支援コーナーのアドバイザー、そしてその方々を支える皆様…本当にお世話になりました。

IoT機器開発科

放課後セミナーで教えていただいた応募書類の書き方を元に、転職エージェントのアドバイスを取り入れて、過去の職務経歴書を書き直しました。おかげでかなりの高確率で書類選考を通過しました。

訓練内容もさながら、放課後セミナー、転職エージェントのアドバイスが役に立ったと感じています。

自動化システムエンジニア科

個人的に電験三種の勉強をしていたので、興味を持っていただけました。

就職先が、公共のプラントで高電圧を引き込んでいるため、電験の知識は歓迎されました。電験は今はまだ持っておらず、来年受験します。

資格を保有していなくても、資格取得に向けて勉強していることが、企業への自己PRにつながることもあると思います。

IT生産サポート科

コロナ禍ということもあり、全体を通してWeb面接がほとんどでした。

その上で気を付けたところは、面接の際には、画面よりも、カメラをしっかりと見ながら、受け答えすることが重要だと感じました。また、カメラや音声機器についても、事前にテストしておくことが望ましいと思います。

1~3社目まで応募し、落とされた時にはやはりショックでしたが、できるだけ希望する条件の環境で働くためにも、たくさんの企業に応募する事をお勧めします。

ビル設備サービス科

ポリテクの職員皆様本当にありがとう!!

前職はIT関係の仕事(システムエンジニア)をしていましたが、H26年3月末で契約社員の終了となり、その後約110社程の就職活動をしましたが、どこも採用までには至らず、落ち込んでいました。

色々と周りのすすめと少しばかりの興味があった「ビル設備サービス科」に入所し、たくさんの事を学びました。学んだ知識を基に半年の間で資格を取り、就職するぞ!と思いなら過ごしていた時、H27年2月初めの数社の「指名求人」の中で1社から採用の連絡があり、その時はおどろきとうれしさが交差した気持ちになりました。

3月末の終了を待たず2月中旬より仕事を始めることになりました。この時このビル設備関係の仕事をずっと続ける気持ちが強くなりました。やったぜー!

先輩たちの声の実際のメッセージの画像

お問い合わせ先

訓練第一課 訓練支援係

TEL

075-951-7397

FAX

075-951-7393

MAIL

kyoto-poly03@jeed.go.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る