本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声/在職者向け職業訓練(能力開発セミナー)

埼玉機器株式会社
教育担当者・セミナー受講者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、
埼玉機器株式会社 管理部 部長 加藤 公一 様 からお話を伺いました。

事業内容についてお聞かせください

1956年さいたま市中央区に日本の産業の基幹を担う自動車部品の専門メーカーとして創業以来「埼玉機器」は一貫してお客様だけでなく、世界環境にも配慮した活動に努めております。

常に企業体質の改善に努め、経営の合理化、新製品・新技術の開発、高度な生産技術と品質保証体制のもと、最新の製造・検査設備を駆使し、また海外企業との先端技術の交流も積極的に推進することにより、重要保安部品の専門メーカーとしての社会的責任を果たし、より多くのニーズにお応えするため、全従業員が一丸となって努力しております。

管理部 部長 加藤 公一 様

管理部 部長 加藤 公一 様

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、利用されてのご感想をお聞かせください

創立以来「人間尊重の精神」を企業経営の基盤として、企業を形成している「人」を重視し、「従業員の幸福なくして企業の繁栄なし」とする理念と、これを達成するための具体的な方策としての「従業員教育」と「やる気と高いモラールの育成」を積極的に行うことにより、経営者と従業員の間に醸成される相互信頼の中にこそ「信頼のおける製品が生まれる」との考えで企業運営がなされて参りました。

社内の成人式の風景

社内の成人式の風景

このような社風から、積極的にポリテクセンター埼玉の在職者訓練を活用し、製造部門の人材育成を行っています。「機械加工」、「PLC制御技術」、「電気系保全」、「機器の保全」などの技術のスキルアップのコースに加え、「現場改善」、「現場管理者の育成」、「棚卸実務における問題解決」、「労働安全衛生マネジメントシステムの構築」などの毎日の業務で取り組んでいる現場の課題に対応するコースは業務に活かせるいい機会となりました。

今後は、管理・事務系の人材育成にもポリテクセンター埼玉の生産性向上支援訓練を活用し、社員の仕事へのモチベーションの向上を図りたいと思います。

最後に、現場、管理、事務の社員が多くのセミナーを活用し、社員のやる気と社員間の相互信頼を実感していける会社でありたいと思います。

受講いただいた方から
【コース名「製造現場における労働安全衛生マネジメントシステムの構築」】

長岡 健太郎 様

自身、安全管理者を務めており、改めて「安全」と向き合うために受講いたしました。統計的なデータを用い、演習問題も交えながら分かりやすく丁寧に教えて頂きました。

コロナ禍という事もあり少人数ではありましたが異業種の参加者様とのディスカッションではとても貴重な意見交換ができ、新しい発見や良い刺激を受けました。

弊社の安心・安全な職場環境を構築するために安全衛生に対する理解が深まり今後の業務、人材育成に活かせるとても有意義な講習でした。

長岡 健太郎 様

長岡 健太郎 様

取材にご協力いただいた企業のご紹介

埼玉機器株式会社

  • 所在地
    埼玉県さいたま市中央区下落合7丁目1番3号
  • TEL
    048-831-4802(代表)
  • FAX
    048-831-4809

(令和3年3月15日掲載)

旭自動車ボデー株式会社
教育担当者・セミナー受講者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、
旭自動車ボデー株式会社 代表取締役 原 賢治 様 からお話を伺いました。

事業内容についてお聞かせください

昭和22年東京都港区に自動車ボディーの整備専門工場として創業以来「旭自動車ボデー」は一貫して技術の向上と設備の拡充を積極的に推進してまいりました。

「アサヒはレイギから」(安全・採算・評判・礼節・意欲・技術)の社訓のもと、古くからお引き立て頂いております多くのお客様をはじめ、最近の特殊車をご利用のお客様に至りますまで、巾広いお客様のご愛顧を頂いております。

旭自動車ボデー株式会社 外観

自動車の安全と美観を併せ備えて、貨物輸送、そして日常生活に欠かせない大切な各種自動車、その車体の整備、再生、復元、製作等お客様の多様なご要望に万全に対応できる技術と経験こそ、「旭自動車ボデー」の最も誇りと致すところでございます。

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、利用されてのご感想をお聞かせください

社員間の世代格差が表れ作業効率の低下につながっていると感じたため、ポリテクセンター埼玉の生産性向上支援訓練を活用し、意識改革を行いました。活用したコースは「生産現場の問題解決」「事故をなくす安全衛生活動」「マーケティング戦略概論」の3つです。
受講によりコミュニケーションの大切さを再確認でき、社員の仕事へのモチベーションも上がりました。

代表取締役 原 賢治 様

生産性向上の相談をしている中で、より自らのスキルを上げるための能力開発セミナーを実施していることを知り、今回初めて溶接のコースを中心に受講しました。毎日業務の中で取り組んでいる内容をしっかり学び直すことでより理解が深まり、また新たな発見もあり、業務に活かせるいい機会となりました。

今後も多くのセミナーを活用し、社員がたくさんのやりがいや達成感を味わって成長を実感していける会社でありたいと思います。その社員の成長こそが社会貢献につながり、世の中の役に立てる会社であり続けられる秘訣だと思っております。

受講いただいた方から
【コース名「ステンレス鋼のTIG溶接技能クリニック」】

井上 顕太 様

井上 顕太 様

専門知識を学んだ事で今まで体で覚えたことの意味が分かりました。トーチの角度や溶接棒の入れ方など少しの調整で見違えるほどの出来になり、とても良い勉強になりました。

阿部 雄一 様

阿部 雄一 様

疑問に思っていたこと、知らなかったことを勉強することができてとても良かったです。
とても充実した内容でした。セミナーで勉強したことを活かして質の良い溶接ができるよう努力したいと思います。

取材にご協力いただいた企業のご紹介

旭自動車ボデー株式会社

  • 所在地
    埼玉県草加市弁天三丁目2番1号
  • TEL
    048-936-0700(代表)
  • FAX
    048-936-0705

(令和2年1月23日掲載)

株式会社 清水製作所
教育担当者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、
株式会社 清水製作所 総務部 野澤 辰秋 様 からお話を伺いました。

事業内容についてお聞かせください

弊社は、大正3年墨田区で清水鉄工所として開業、昭和62年に埼玉県吉川市に移転し現在に至っています。

事業内容は主にサーバ機器搭載用ラックおよびコンピュータ用耐震架台やその他の金属製品の製造と販売を行っています。

特徴として同じ製品を大量に製造するのではなく、大きさや形の違う多様なニーズにお応えしてオーダーメイド型で製造を行っており、官公庁、銀行・オフィスなどからの幅広い支持をいだだいております。

総務部 野澤 辰秋 様

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、利用されてのご感想をお聞かせください

弊社は、設計部、製造部、組立部があり、おもに20代から30代の社員が中心となって加工を行っています。

これまで金属加工技術は、ベテラン社員の経験、勘などによって支えられ日々の現場での改善の積み重ねによって蓄積されてきた部分が少なくありません。

また、ITや機械技術などの高度化によって、機械化・自動化・情報化による技能の技術化も進展している中で、「技術・技能継承」への取り組み、「生産の効率化」、「スキルアップ」に向けた技能・技術を習得するため、平成27年度からポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを活用しています。

また、より良い製品の開発・製造の過程においては、自分の部署の業務だけではなく他部署の業務を理解しながら連携をはかれる体制と人材の育成が大切と考え、セミナーの受講にあたっては、TIG溶接・半自動アーク溶接などの溶接関連コースの他、機械設計製図、技能伝承・生産性向上関連の管理系セミナーなど、幅広い知識・技能を習得できるようコース選択を行ってきました。

受講者から基本・理論(なぜ)を教わることができ勉強になったとの意見を多く聞いています。また、弊社は研修・講習・セミナー等に参加した場合は、全社員の前で習得した内容と、今後どのように仕事に生かしていくのかを発表し共有化を図っています。

これからも、習得したスキルと知識が製品の「設計」「加工」「組立」業務の向上と製品の品質に反映され、お客様のニーズに沿った製品の提供に繋がるよう取り組んでいきたいと考えています。

取材にご協力いただいた企業のご紹介

株式会社 清水製作所

  • 所在地
    埼玉県吉川市中井76
  • TEL
    048-982-0388
  • FAX
    048-982-1251

(平成31年1月11日掲載)

共同工業株式会社
教育担当者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、
共同工業株式会社 総務部 部長 川内 政雄 様 からお話を伺いました。

事業内容についてお聞かせください

弊社は、埼玉県越谷市に本社・工場を置き、主に工業用用途に特化した、産業別の需要に対する水処理設備の建設、純水製造装置の組立及び建設工事、廃水(排水)処理設備の建設工事、製缶品樹脂加工品の製造、配管付属特殊部品等の製造、工場プレファブ配管、現地配管工事まで幅広く対応しています。

その他、上下水道設備工事、医療用途向けの純水製造装置の組立製造、表面処理設備の設計監理等も永年に渡り事業を支えて参りました。

人とかかわるのを厭わず、ものづくりや深く考えることが好きで、仕事を通じて成長を求める人達にとって、きっと面白い仕事であり職場だと思います。

総務部 部長 川内 政雄 様

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、利用されてのご感想をお聞かせください

弊社では、特定の分野に特化せず、電子、食品、医薬、バイオなどのさまざまな工業分野の水処理設備の製作を行っていますが、今後、新たな水処理設備の開発・実用化を進めるためには、ものづくり現場における技術力の維持と向上、そして人材の確保と育成が重要と考えていました。

OJTをベースとした社内での人材育成を行っていますが、現場で必要とされる技術のスキルアップ、生産を効率的に進めるための新たな技能・技術の習得のために必要な部分については、外部の技術研修を取り入れることも必要と考え、ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを活用することといたしました。

社員一人ひとりの知識・技能等にあうように、能力開発セミナーの体系に沿って複数コースを段階的に受講しましたので、効率的にスキルアップを図ることができました。

今後は、品質管理や検査・試験の知識・技能の向上を進めるための能力開発セミナーの受講も検討して行きたいと考えています。

取材にご協力いただいた企業のご紹介

共同工業株式会社

(平成30年2月16日掲載)

YKT株式会社
教育担当者・セミナー受講者の方へのインタビュー

ポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーをご利用いただきました、
YKT株式会社 総務部 総務課 主任 杉山 和隆 様 からお話を伺いました。

事業内容についてお聞かせください

当社は1924年の創業以来90余年、欧米の工作機械や産業機械を取り扱う機械専門商社です。

当社の特徴は、高速・精密加工を行うハイエンド&ニッチな商材を取り扱うことです。また機械を提供するだけでなく、機械の据え付けから技術提案・メンテナンス・最新技術の紹介など、お客様がより良い製品を作るために必要なサービスを当社が機械メーカーに代わり総合的に提供いたします。

総務部 総務課 主任 杉山 和隆 様

総務部 総務課 主任 杉山 和隆 様

人材育成の中でポリテクセンター埼玉の能力開発セミナーを利用された経緯や、
利用されてのご感想をお聞かせください

社員研修につきましては、従来から社内で実施していたところですが、実機を使用しての実践的な研修も人材育成には不可欠と考え、平成28年度は社員研修の一環としてポリテクセンター埼玉での金属加工を研修計画に加えました。

また、日本工作機械輸入協会会員企業の受講希望者の方々と合同で実施することといたしました。研修は、当社の要望を基に「切削加工の理論と実際」及び「NC旋盤技術(プログラム~加工編)」の2コースをオーダーメイド型セミナーとして計画していただきました。

工作機械を実際に動かす機会の少ない社員にとりまして、旋盤、フライス盤、ボール盤の扱い方や動きを学び、製作課題の「文鎮」と「コマ」を仕上げるまでの工程を通して、ものづくりの難しさと楽しさを実感する貴重な経験となりました。

また、受講者一人ひとりが工作機械を使いながら実習できたことで機器の構造等をより深く理解し、安全に対する心構えや意識の向上にも繋げることができました。

受講者からは他社の方々と一緒に受講したことでの相乗効果があり、関連する他のセミナーを希望する声もありました。

今後もポリテクセンター埼玉のオーダーメイド型セミナーを、社員教育の一環として活用して行きたいと考えています。

受講いただいた方から

曽根原 光一 様 / 照山 僚 様 / ルシュ 麻緒 様

今回の研修を受講して、工作機械の動かし方や専門用語について学ぶことができました。

また、加工の技術だけではなく、数値の出し方等についても理論的に教えていただきましたので大変勉強になりました。

NC旋盤加工の課題実習では「コマ」を製作したのですが、形状が想像しやすかったためプログラミングもスムースに進み、楽しみながら研修を受けることができました。

曽根原 光一 様 / 照山 僚 様 / ルシュ 麻緒 様

曽根原 光一 様 / 照山 僚 様 / ルシュ 麻緒 様

今回の研修をとおして、工作機械を販売する上で役立つ知識が多く身につき、自社が扱う製品をより深く理解できるようになりました。

今後、営業していく中で現場の加工者の意見を耳にすることも多いと思いますので、今回の経験を活かしてお客様によりよい提案をしていきたいと思います。

取材にご協力いただいた企業のご紹介

YKT株式会社

(平成29年1月18日掲載)

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る