本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

訓練修了(予定)者等人材情報

沖縄職業能力開発促進センター(ポリテクセンター沖縄)修了(予定)者等の人材情報です。
貴事業所での採用選考にお役立てください。
指名求人のご希望がございましたら、人材情報のNo.とコード番号をご記入の上、求人票と併せて、下記までFAXお願いします。
指名求人は、採用人数1名の場合指名3名まで、採用人数2名以上の場合5名までとなっております。
指名のない一般求人も、随時受付いたしております(「指名求人」と「一般求人」を同時に行うことも可能です)。

○お問い合わせ先
TEL :098-936-9222
FAX :098-936-1853
担当 :訓練課

訓練修了(予定)者等人材情報

令和4年9月28日修了(予定)

■令和4年度 溶接ものづくり科  令和4年4月入所
石油プラント・体育館・倉庫・工場・ビルディング等の構造物制作(鉄骨加工・組立・溶接・運搬)、板金加工(薄板の曲げ加工・組立)に必要な製図・展開・組立・各種溶接及び機械操作等の技能・技術を習得します。
※全員就職しました。

■令和4年度 運輸機械サービス科  令和4年4月入所
荷役・車両系建設機械オペレーターに必要な物流荷役や土木施工に即応できる知識と技能を習得します。
※全員就職しました。

■令和4年度 建築施工技術科(企業実習付き)  令和4年4月入所
施工実習(木造・RC造)を通じて、建築の基本である建築物の構造・材料や施工方法などを学びます。その上で企業実習を通じて、実践的な知識の習得を図ります。
※令和4年12月20日、更新しました。

■令和4年度 住宅リフォーム技術科  令和4年4月入所
住宅のリフォームに関する知識・技術・技能を身につけて、設計提案並びに改修計画ができる能力を習得します。
※令和5年1月6日、更新しました。

■令和4年度 ビル管理技術科  令和4年4月入所
建築物の給排水・空調設備・電気設備・防災設備等のメンテナンス及び施工に関する技能・技術を習得します。
※令和4年12月20日、更新しました。

■令和4年度 電気設備技術科  令和4年4月入所
私たちの暮らしに欠かすことのできない「電気」の技術者を目指して!
※令和4年11月18日、更新しました。

■令和4年度 組込みシステムエンジニア科  令和4年4月入所
マイコンや電子回路の知識、CとJava言語によるプログラミング、Android端末アプリ開発等を学び、グループワークにより組込みシステム開発を修得します。
※全員就職しました。

令和4年12月23日修了(予定)

■令和4年度 溶接ものづくり科  令和4年7月入所
石油プラント・体育館・倉庫・工場・ビルディング等の構造物製作(鉄骨加工・組立・溶接・運搬)、板金加工(薄板の曲げ加工・組立)に必要な製図・展開・組立・各種溶接及び機械操作等の技能・技術を習得します。
※令和5年1月24日、更新しました。

■令和4年度 運輸機械サービス科  令和4年7月入所
荷役・車両系建設機械オペレーターに必要な物流荷役や土木施工に即応できる知識と技能を習得します。
※令和5年1月24日、更新しました。

■令和4年度 住宅リフォーム技術科  令和4年7月入所
住宅のリフォームに関する知識・技術・技能を身につけて、設計提案並びに改修計画ができる能力を習得します。
※令和5年1月24日、更新しました。

■令和4年度 ビル管理技術科  令和4年7月入所
建築物の給排水・空調設備・電気設備・防災設備等のメンテナンス及び施工に関する技能・技術を習得します。
※令和5年1月24日、更新しました。

■令和4年度 ビル管理技術科(企業実習付き)  令和4年7月入所
建築物の給排水・空調設備・電気設備・防災設備等のメンテナンス及び施工に関する技能・技術を習得します。
※全員就職しました。

■令和4年度 電気設備技術科  令和4年7月入所
私たちの暮らしに欠かすことのできない「電気」の技術者を目指して!
※令和5年1月24日、更新しました。

■令和4年度 ITサポート科  令和4年7月入所
ネットワークとLinuxの知識・技能を身につけて、ネットワーク構築およびサーバ構築技術を習得します。
HTMLおよびJavaの基礎を学び、WebやAndroid端末を活用するシステム開発を行います。
※令和5年1月24日、更新しました。

令和5年3月29日修了(予定)

■令和4年度 建築施工技術科(企業実習付き)  令和4年10月入所
施工実習(木造・RC造)を通じて、建築の基本である建築物の構造・材料や施工方法などを学びます。その上で企業実習を通じて、実践的な知識の習得を図ります。
※令和4年12月13日、新規掲載しました。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る