進路情報(進学)

応用課程への進学

当校での2年間は専門課程と呼ばれており、短大、もしくは大学における1年生、2年生にあたります。この2年間の技術をもって就職を目指すこともできますが、応用課程に進学することで、より高度な知識、技術を習得することも可能です。

応用課程への進学フロー
応用課程ガイド
応用課程ガイド(PDF)

応用課程は全国に10校設置されている職業能力開発大学校にあり、このうち東北職業能力開発大学校には推薦入試での受験ができます。また、一般入試は全国どの校でも受験可能です。

応用課程進学のメリット

応用課程での2年間は大学における3年生、4年生にあたり、就職時には大学卒と同じ扱いになります。また、当校の教育訓練をさらに高度かつ実践的にしたカリキュラムとなっており、分野を超えたメンバーでグループを作り、実際の製品開発の流れを在学中に体験できる「開発課題実習」があるのが大きな特徴です。

応用課程進学のメリット

進学実績

(過去5年進学率(進学者数/進学希望者数)及び進学先)

令和2年度 東北能開大 19名 生産技術科 5名
電子情報技術科 7名
住居環境科 7名
北海道能開大 3名 生産技術科 1名
電子情報技術科 1名
住居環境科 1名
令和元年度 東北能開大 16名 生産技術科 3名
電子情報技術科 7名
住居環境科 6名
北海道能開大 2名 電子情報技術科 1名
住居環境科 1名
関東能開大 1名 生産技術科 1名
平成30年度 東北能開大 10名 生産技術科 1名
電子情報技術科 4名
住居環境科 5名
中国能開大 1名 生産技術科 1名
近畿能開大 1名 生産技術科 1名
北海道能開大 1名 電子情報技術科 1名
平成29年度 東北能開大 11名 生産技術科 4名
電子情報技術科 1名
住居環境科 6名
関東能開大 3名 電子情報技術科 2名
住居環境科 1名
北海道能開大 1名 住居環境科 1名
平成28年度 東北能開大 17名 生産技術科 4名
電子情報技術科 5名
住居環境科 8名
関東能開大 1名 住居環境科 1名
北海道能開大 2名 生産技術科 1名
電子情報技術科 1名