本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 2M504 公差設計技術 受付中

訓練日程
9月5日(木)、9月6日(金)
実施時間帯
9時30分~16時30分
総訓練時間
12時間
受講料
7500円
定員
10名
対象者
製品設計において公差設定や検図など図面制定に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項

2.公差の概要
(1)設計業務と設計者の技能
(2)サイズ公差とは
(3)サイズ公差と製品の形状について
(4)幾何公差について
(5)専門的能力の確認

3.公差設計概要
(1)公差設計の必要性
(2)完全互換性と不完全互換性による公差設定
(3)公差設計と部品製作の精度

4.公差設計実習
(1)課題提示
イ.課題:精密機械部品(部品の重ね合わせ)
ロ.課題:精密機械部品(はめあい、円筒形部品)
ハ.課題:精密機械部品(板金及び軸部品、角度公差のある部品)
(2)公差設計による公差の割り付け
(3)設計検証
(4)構造変更案の検討と変更案の公差設定
(5)発表

5.工程能力
(1)公差と工程能力の関係
(2)工程能力指数による公差の設定

6.まとめ
(1)コース内容のまとめ
(2)講評

使用機器・教材
関数電卓、公差計算書
持参品・服装
実施場所
第1実習場(工作機械)
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る