応用課程建築施工システム技術科

ABOUT学科について

施工管理を担当出来る高度な実践技術者を育成します。

建築施工システム技術科は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等の代表的な建築施工に関する技術・技能や施工管理能力を養うことにより、施工計画やその計画に即した現場での施工管理を担当できる高度な実践技術者を育成を教育訓練目的としています。

カリキュラムの特色CURRICULUM

施工管理を担当できる高度な実践技術者
それは、応用力、創造的能力、問題解決能力、
管理能力を有する技術者です。

1年次から2年次にかけて
応用課程の教育訓練システムの特徴である、(1)実学融合方式、(2)課題学習方式、(3)ワーキンググループ学習方式、を採用したカリキュラムを編成しています。専門科目の他に、標準課題として、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造について、設計図書の理解から施工図・施工計画の作成、施工管理までを習得します。
卒業に向けて
2年次には応用課程の集大成として、開発課題(総合施工・施工管理課題実習)に取り組みます。建築生産の現場が直面している、合理化・省力化・低コスト化・高品質化、あるいは改善提案などについて、問題を把握し解決策を探ってゆきます。

主な実習TRAINING

施工図書実習 Ⅰ~Ⅲ

鉄筋コンクリート構造の施工に必要なあらゆる生産設計図書の読解から作図方法を習得します。

基礎構造物設計実習

土の力学や地盤の支持力の算定方法を学び、建築基礎構造物の設計方法を習得します。

山留め・構台施工管理実習

水平切梁工法及びアースアンカーエ法の施工方法及び構造計算方法を習得すると共にその施工管理法を習得します。

施工実験

木質構造などの試験体の実験を通じて、これらの性能設計・把握技術を学びます。

鉄筋コンクリート造施エ・施工管理課題実習

鉄筋コンクリート造建築物の基本計画から施工計画・施工及び施工管理を実施することで建築技術者として管理技術を習得します。

鋼構造施エ・施工管理課題実習

鉄骨造建築物の基本計画から施工計画・施工及び施工管理を実施することで建築技術者としての管理技術を習得します。

木質構造施エ・施工管理課題実習

木造住宅の基本計画から施工計画・施工及び施工管理を実施することで建築技術者としての管理技術を習得します。

総合施エ・施工管理課題実習(開発課題)

各課題実習及び企業実習において得られた施工及び施工管理上の課題に対して創造的かつ実践的な解決手法を習得します。

目指せる資格・主な就職先CAPACITY・POST

資格

  • 1級建築士 2級建築士
  • 1級建築施工管理技士(卒業後)
  • 2級建築施工管理技士(卒業後)
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • 福祉住環境コーディネータ一
  • 色彩検定
  • CADトレース技能審査
  • 建築積算士
  • 建築積算士補
  • アーク溶接特別教育

目指せる職種

施工管理技術者、生産設計技術者、構造設計技術者、意匠設計技術者、積算技術者測量技術者、住宅診断技術者など

主な就職先50音順

石川建設(株)、(株)板橋組、大河原建設(株)、(株)大森一級建築士事務所、金子建設工業(株)、(株)熊谷組、熊谷グループケーアンドイー(株)、(株)クロスプランニング、栗本建設工業(株)、(株)五洋建設、(株)小薬建設、(株)小堀建設、埼玉建興(株)、(株)斉藤組、坂田建設(株)、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構、佐藤工業(株)、(株)篠原工務店、(株)竹中工務店、大東建託(株)、大和ハウス工業(株)、栃木市役所、富山市役所、栃木セキスイハイム(株)、(株)中村土建、(株)本澤建築設計事務所、平山建設(株)、(株)ファイブイズホーム、(株)平成建設、東急建設(株)、東武建設(株)、(株)松村組、(株)松永建設、(株)松下産業、(株)フジタ、(株)北海道日建設計、(株)三井住友建設、(株)むぎくら

ABOUT学生の声

自信を持って社会人に

栃木県立佐野松桜高等学校出身

青山 健太

私が応用課程に進学した理由は、より高度な施工実習を学ぶことと、在学中に二級建築士を取得するためです。応用課程では他大学では学ぶことができない鉄筋コンクリート造、鉄骨造の施工実習があります。これらの高度な施工実習の経験は、就職活動の際にも大きな武器となり、希望していた総合建設業の施工管理職に内定をいただくことにつながりました。実習では仲間と連携して取り組むため、社会人に最も求められるコミュニケーション力や問題解決力が身についたと思います。また、在学中の目標の一つであった二級建築士も取得することができました。授業の中でも学科や製図対策について学びましたが、同級生と一緒に夜遅くまで勉強したこともとてもいい思い出になりました。

ものづくりの達成感を学んで社会へ

栃木県立宇都宮工業高等学校出身

大貫 純平

私は、工業高校出身で高校から建築について学んできました。関東職業能力開発大学校の応用課程では、それまでの知識や技術を活かして、様々な実習に取り組んできました。実習を行う中で、最も印象に残っていることは、実習中に生じる問題や課題を皆で解決しながら建物を造っていくことはとても大変だということです。しかし、グループのメンバーや先生方と相談や対策を行うことで、施工管理についての知識を深めることはもとより、建物が完成した時の達成感は何とも言えない素晴らしい経験でした。就職活動についても、友人や先生方が親身になって相談に乗ってくださったので、希望していた企業に就職することが出来ました。皆さんも先生や友人達を信頼して、学生生活を頑張ってください。

開発課題実習例WORKS

カテナリー曲線によるアーチ構造物

建築物は、生産設備等が皆無の状態から現地で施工して行きます。そのため、良い建物ができるか否かは「施工計画」がカギを握っています。ここでは、高さとスパンが6mのカテナリー(懸垂)曲線によるアーチ構造物の設計と施工をテーマとし、性能の良い構造体を、早く、しかも安全に施工する課題に取り組みました。基本設計、構造計算、施工図と加工図の作成、構造体を支える仮設支保エの計画、重量物の揚重計画、施工と品質菅理等を行いました。"TheGateway Arch" designed by Eero Saarinen, in St. Louis, Missouri, United Statesのー現を目標に、約1/30の縮尺で設計・施工しました。奥に見えるアーチ橋は2017年度の「鉄骨造によるアーチ構造物の設計と施工計画の策定・施工管理」です。

履修科目一覧

専攻学科

工業技術英語、建築生産管理、住宅性能評価、建設経営、創造的開発技法、生涯職業能力開発体系論、建築生産論、応用構造力学、構造解析、施工法詳論、設備施工管理、住宅改修技術、建築生産環境論、施工関係法規、維持保全、安全衛生管理

専攻実技

内装施工実習、施工図書実習I、施工図書実習II、施工図書実習III、施工図書実習IV、建築生産実務図面作成実習、建築生産情報処理実習、施工実験、施工積算実習、基礎構造物設計課題実習、山留め・構台施工管理実習、構造計画実習、鉄筋コンクリート施工・施工管理課題実習、木質構造施工・施工管理課題実習、鋼構造施工・施工管理課題実習、安全衛生管理実習

施工・施工管理総合実習(開発課題実習)

総合施工・施工管理課題実習、企業実習、応用課題実習

教員紹介

氏名 専門分野 担当科目
青柳 喜浩 Aoyagi Yoshihiro 建築構造、建築施工、環境工学 鉄筋コンクリート構造施工・施工管理課題実習、構造解析、基礎構造物設計実習
山之内 隆志 Yamanouchi Takashi 構造力学、構造設計、建築施工、金属疲労 施工法詳論、施工実験、鋼構造施工・施工管理課題実習、鉄筋コンクリート構造施工・施工管理課題実習
長井 崇 Nagai Takashi 建築施工、インテリア、建築材料 住宅改修技術、建築生産管理、木質構造施工・施工課題管理実習、内装施工実習
山本 未来 Yamamoto Mirai 建築施工、環境工学 鉄筋コンクリート構造施工・施工管理課題実習、建築生産情報処理実習
上中 勝博 Kaminaka Katsuhiro 建築施工 鋼構造施工・施工管理課題実習、鉄筋コンクリート構造施工・施工管理課題実習