本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上支援訓練

生産性向上支援訓練のご案内

生産性向上支援訓練は、企業・事業主団体の労働生産性を向上させるために、専門的な知見とノウハウを有する民間機関等に委託し、事業主ニーズに応じて、講義だけではなくグループワークなどの効果的な演習を取り入れて実施する職業訓練です。

●オープンコース
  地域の中小企業等が共通して抱える生産性向上に関する課題や人材育成ニーズに応じて訓練コースを
  設定し、地域の幅広い中小企業等から受講者を募集し、実施機関を活用して訓練を実施する方法。
 
●オーダーコース
  個別の中小企業等が抱える生産性向上に関する課題や人材育成ニーズに応じて訓練コースを設定し、
  実施機関を活用して当該中小企業等に対する訓練を実施する方法。

生産性向上支援訓練の訓練コースは、企業の生産性向上を実現するための4つのカテゴリに大きく分類されており、それぞれに多種多様な訓練コースがあります。
詳細は、
「生産性向上支援訓練カリキュラムモデル Ver.12.0」 (3.73 MB) をご覧ください。

  

【オープンコース】                             地域ニーズに応じて年間訓練計画を作成し受講者を募集します

複数の会社との集合訓練となり、他社の従業員と一緒にグループワーク等を行うことで、自社の強みや課題の気づきにつながります。

⇒ 
「生産性向上支援訓練オープンコース受講者募集案内」ページにジャンプ

  
  
  

【オーダーコース】                         個々の企業ニーズに応じて企業ごとに訓練を実施します        

生産性センターは、事業主の皆様の要望にお答えできる能力・実績のある民間の訓練実施機関を選定し、訓練開催日時・場所・内容などをオーダーメイドできる生産性訓練をコーディネートいたします。
 
皆様には
「生産性向上支援訓練カリキュラムモデル Ver.12.0」 (3.73 MB) の中から希望コースを選択していただきます。

生産性向上支援訓練のポイントや訓練受講までの流れなどを説明している「生産性向上支援訓練のご案内」は
こちらからダウンロードできます。 (666.87 KB)     

「生産性を向上する」ということは、貴社の従業員が一丸となって「経営施策の実行」と「経営目標の達成」に取り組むことが大切です。そのプロセスは事業活動そのものです。
事業計画を達成するための経営施策に応じて、
関連する生産性向上支援訓練を選ぶことができます。 (497.52 KB)  更に、次なるステージへの経営革新やイノベーションジレンマの打破などをお考えになっている皆様、サービス業などの他業種の皆様にも、それぞれにその目的に応じた訓練コースを選んでいただけます。

次に、生産性センターが皆様の希望をお伺いして訓練内容をコーディネートいたします。つきましては、皆様のご希望をこちらの
「生産性向上支援訓練の利用に係る希望」 (205.00 KB) に記入して下記のお問い合わせ先までFAXください。

すでに生産性訓練を計画しておられる場合は「
生産性向上支援訓練の利用に係る確認書 (138.35 KB) 」に必要事項を記入して下記のお問い合わせ先までFAXください。 記載例はこちらからダウンロードできます。 (155.01 KB)  
 

【ご参考】                           生産性を向上し経営に寄与する施策例

生産性を向上させる具体的な諸施策の例
◆上記の資料はこちらダウンロードできます。 (301.21 KB)

 
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター松本 生産性センター 事業主支援相談員

TEL

0263-58-3392

FAX

0263-58-5062

E-mail

matsumoto-seisan@jeed.go.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る