本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 PE20 クラウド活用によるIoTシステム構築技術           (募集コース名:生産現場におけるクラウドサービスを利用したアプリ開発) 受付中

訓練日程
令和4年2月28日、3月1日
実施時間帯
9:30~16:30
総訓練時間
12時間
受講料
12,500円
定員
10名
対象者
IoTシステムの開発・構築業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
 (1)訓練の目的
 (2)専門的能力の確認
 (3)安全上の留意事項

2.センサデータ収集および解析
 (1)データ収集と分散ファイルシステムの活用
   イ.各種分散ファイルシステムについて
 (2)データの解析とウェブアプリケーションの活用
   イ.各種クラウドアプリケーションについて
 (3)問題点(セキュリティ、消費電力、省スペース、コスト、気象等)
   イ.各種問題点の把握と対応策について

3.シングルボードコンピュータによるデータ収集実習
 (1)データ収集システム
   イ.特徴およびシステム構成(センサ、無線アクセスポイント等)
   ロ.複数のシングルボードコンピュータによるクラウドクラスタ構築
 (2)データ収集実習
   イ.センサインターフェースの設定
   ロ.クラウドサービス用API活用のための設定
   ハ.各種センサ(GPS、温度、湿度、大気圧、3軸加速度)
   ニ.シングルボードコンピュータの設定

4.IoTにおけるネットワーク活用
 (1)IoTの構成(モノ、インターネット、端末)
   イ.端末(シングルボードコンピュータ、オープンソースマイコン等)
 (2)IoTの応用(ショッピング、車、鍵、電気スタンド、農業等)

5.クラウド活用したデータ処理実習
 (1)シングルボードコンピュータによるWebサーバ構築実習
   イ.Webサーバの構築および動作確認
   ロ.グラフ作成ソフトウェアの設定および動作確認
   ハ.工場内生産現場を想定したセンサ情報(温度、湿度、機器の電力)の取得
   ニ.センサ情報のグラフ化

6.まとめ
 (1)全体的な講評及び確認・評価

使用機器・教材
シングルボードコンピュータ、各種センサ(GPS、温度、湿度、大気圧、3軸加速度)、クラウドサービス
持参品・服装
LINEアプリ、アカウントが設定されたタブレット又はスマートフォンをご持参ください
実施場所
パソコン室3
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る