本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

金属加工科

9月期受講生募集中!

令和3年9月1日開講の金属加工科の受講生を募集しています。
詳しくは

令和3年度9月1日開講 金属加工科追加募集チラシ (2.61 MB)

をご覧ください。
個別での見学・溶接体験を受け付けています。
ご希望の方はご都合のよい時間をお電話にてお知らせください。
TEL:083-922-2143


1.訓練の概要(習得できる知識・技能)

鉄鋼材の加工及び各種溶接(被覆アーク溶接・炭酸ガスアーク溶接・TIG溶接)による施工作業手法や、機械板金における曲げ加工作業手法について学びます。

訓練の目標

  • 被覆アーク溶接作業ができる(下向き、立ち向き、水平すみ肉溶接)。
  • 材料切断、材料曲げ、溶接、組立などの一連の加工ができる。
  • 半自動及びTIG溶接作業ができる(下向き、立ち向き、水平すみ肉溶接)。
  • CADを使った板金展開図などの図面を作成できる。

訓練の内容

金属加工基本

金属加工に関する簡単な図面の読み方、基本的な手作業(ヤスリ、けがき作業等)、ボール盤作業、グラインダ作業、ガス溶接・切断作業の知識と技能、安全作業を習得します。併せて自由研削用といしの取替え等の業務に係る特別教育修了証、クレーン運転の業務に係る特別教育修了証、ガス溶接技能講習修了証を取得します。

各種修了証の取得、溶接

被覆アーク溶接

被覆アーク溶接法は、溶接棒を挟んだホルダを手で操作する溶接法で、アーク溶接法の概要や安全衛生等の関連知識、溶接機の使用方法、保守点検の仕方、軟鋼の下向き、立向き姿勢による“すみ肉溶接”・“突合せ溶接”等の施工法を習得します。併せて、アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証を取得します。

被覆アーク溶接作業

機械板金・プレス作業

機械板金加工作業に必要な基本的技能及び関連知識を習得し、課題を通してプレスブレーキの操作方法、安全作業を習得します。また、構造物図面の見方及び施工方法、鉄鋼構造物の鋼材加工や組み立て・溶接作業まで、課題製作等を通して技能と関連知識を習得します。
プレス作業
鉄鋼材成型加工
構造物製作作業

CAD・板金展開作業

周辺機器の概要、基本操作の習得後に図面の作成を行ないます。作業を通してVDT機器に関する安全衛生作業などを習得します。また、立体的な品物を平面で表す方法である板金展開図法及び板金展開・板取りについての知識と技能を習得します。
CAD・板金展開作業

炭酸ガスアーク溶接

炭酸ガスアーク溶接はシールドガスとして炭酸ガスを使用する溶接法で、半自動溶接とも言われます。溶接装置の使用法、保守点検を習得します。半自動溶接機で軟鋼の下向き、立向き、横向き姿勢による“すみ肉溶接”・“突合せ溶接”等の施工法を習得します。また、関連知識を習得します。
炭酸ガスアーク溶接作業

TIG薄板溶接

TIG溶接装置の使用法、保守点検の仕方、その他の関連知識、TIG溶接機での軟鋼・ステンレス鋼・アルミニウムの各種継手(角、T、重ね、突合せ)の下向き姿勢による溶接施工法を習得します。
TIG溶接作業

2.訓練に関する職種と仕事内容

訓練と関連する仕事

  • 溶接工
  • 溶接士
  • 電気溶接工
  • スポット溶接工
  • 製缶工
  • 切断工
  • 板金工
  • 組立工
※代表的な職種を挙げています。

溶接工の仕事

鉄工所・造船所で組立作業を行い、鉄骨建設現場(ビルや橋)や各種機器の製造など、現場にて製品や構造物を溶接する仕事です。
特に高所の建設現場における溶接作業の場合、常に安全を意識しながら作業を行います。
溶接とは、金属材料の接合する部分のすき間に溶接棒やワイヤを接触させ、金属材料と溶接棒を同時に熱で溶かしながら接合することです。
接合部分に空洞やムラが出来ないように注意しながら、溶接棒やワイヤを操作して作業をします。作業中は、発生するガスや飛び散る高温の金属から身体を守るため、耐熱作業服、マスクや遮光保護面を必ず使用します。
溶接は、溶接する材料に応じた適切な電流・電圧の調節や、溶接棒やワイヤを選択して作業します。また、溶接棒を手動で取り換える手溶接と、ワイヤを自動的に供給する半自動溶接があります。

こんな人におすすめ!

  • 工場での「ものづくり」作業に興味がある方
  • 技を極めたい方
  • 細かい作業が得意又は好きな方

3.訓練受講者の入所前と修了後の就職職種

【受講前⇒受講後】
例:営業⇒溶接・組立
例:半導体製造⇒建築用金属製品製造
例:土木建設⇒溶接
例:金属製品製造⇒製缶・溶接
例:電気工事⇒溶接
例:警備⇒建築用金属製品製造

4.修了生の就職先

  • 株式会社坂本鉄工所
  • 株式会社ささき
  • 東亜自動車工業株式会社
  • 山口金属曲板工業株式会社
  • 株式会社中村鉄工所
  • 山陽鋼機建設株式会社
  • 日本ファブテック株式会社
  • ヤマネ鉄工建設株式会社
  • 関門三協工業株式会社
  • 株式会社サンテクノス
  • 株式会社マスダ鉄工
(順不同、敬称略)

5.就職率

令和2年度100%
(暫定値)

6.取得可能な資格

訓練終了時に取得できる資格

  • ガス溶接技能講習修了証
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証
  • 自由研削用といしの取替え等の業務に係る特別教育修了証
  • クレーン運転の業務に係る特別教育修了証

任意で習得できる資格

  • JIS溶接免許 基本級
    (手溶接、半自動溶接、ステンレス溶接)

7.受講要件

ものづくり経験の必要性

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ありません。

各訓練コース共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

8.受講料

  • 受講料は無料です。
    ただし、テキストや実習服・安全靴・安全帽などは自己負担となります。

お問い合わせ先(ポリテクセンター山口【訓練課】)

TEL

083-922-2143

FAX

083-922-1935

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る