本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

令和3(2021)年度電気設備技術科(企業実習付き)


1.訓練の概要(習得できる知識・技能)

電気設備工事、シーケンス制御の設計・施工について学びます。
なお、約1か月間の企業実習があります。

訓練の目標

  • 一般用電気設備の工事(設計・施工)ができる。
  • 制御機器の配線の組立と保守管理ができる。

訓練の内容

シーケンス制御

電気機器の動作や工場の生産ラインの電気保全を学び、有接点機器を主とした制御機器の選定方法、配線を習得します。
シーケンス制御

PLC制御及びCAD活用技術、空冷式エアコン

生産機械の主制御機器として活用されているPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)の構成、入出力配線及びプログラミングを学習し、基本制御回路及びインバータによるモーター制御について習得します。Jw-cadを活用した図面の作成方法を習得します。ルームエアコンの仕組み・据付・試運転を習得します。
エアコン取付作業
Jw-cadによる図面作成

一般用電気設備工事Ⅰ

電気回路・関係法規・電気工事使用器工具の使い方について習得します。また、電気測定、ケーブル配線工事も習得します。
電気工事 配線作業

一般用電気設備工事Ⅱ

工場内で使用される管工事(金属管、合成樹脂管、可とう電線管、金属線ぴ)、及び自動点滅器、リモコンリレー等の配線工事を習得します。
電気工事実習

企業実習

実践に強い一人前の職業人になるために、企業におけるものづくり現場を実際に体験し実務に即した電気配線や盤加工・保全・計測などを習得します。
企業実習(配管作業)

フォローアップ訓練

電気設備工事業務等の現場実習を受けて、不足であった技能・技術、関連知識等についての補足等のフォローを行います。

2.訓練に関する職種と仕事内容

訓練と関連する仕事

  • 電気工事作業者
  • ビル設備管理
  • 電気機器技術者
  • 卸売販売員(電気工事資材等)
  • 現場作業員(電気工事業)
  • 電気通信工事士
※代表的な職種を挙げています。

電気工事作業者の仕事

電気工事作業者は、建物を建設する際、電気の配線、分電盤・コンセント。照明器具等を据え付けて、電気を使用できるようにする仕事です。また、修理や修復工事も行います。
キャリアアップに伴い、現場だでではなく、施工管理、設計、積算などの仕事もあります。「電気」を取り扱う際、感電等の事故や災害を防ぐため、法令や適切な手法及び手順にのっとった作業が求められます。
電気工事作業者は、まず、設計図に基づいた作業プラン(日程、人数や資材等)をもとに、天井や壁に電線を通す「配管」と、コンセントやスイッチに通じる「配線:を行い、電気を使用できるようにします。
現場では、一般的に、複数人のグループで作業するため、コミュニケーションが重要です。また、天井裏や床下でっ作業を行ったり、高所での野外作業や、厳しい気象条件の中で作業を行ったりする場合もあります。

こんな人におすすめ!

  • 社会基盤(鉄道やインターネット)の整備やからくりに興味がある方
  • 前職に「電気」をプラスしてスキルアップを目指したい方
  • プラモデルやDIYなど、「もの」をつくることが好きな方

3.訓練受講者の入所前と修了後の就職職種

【受講前⇒受講後】
例:運転手⇒通信工事
例:営業⇒電気工事
例:製造⇒空調工事
例:ガソリンスタンド給油⇒生産設備の電気保全
例:接客⇒電気工事

4.修了生の就職先

  • ミツヰ工業有限会社
  • 株式会社セイブ電気
  • 夜光電気計装株式会社
  • 株式会社陽光電業社
  • 大陽通信工業株式会社
  • ユーディーエンジニアリング株式会社
  • 石山電気株式会社
  • 山口内山電機株式会社
(順不同、敬称略)

5.就職率

令和2年度81.8%

6.取得可能な資格

訓練終了時に取得できる資格

  • 低圧電気取扱業務に係る特別教育修了証

任意で習得できる資格

  • 第2種電気工事士

7.受講要件

ものづくり経験の必要性

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特にありません。

各訓練コース共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

8.受講料

  • 受講料は無料です。
    ただし、テキストや実習服・安全靴・安全帽などは自己負担となります。

お問い合わせ先(ポリテクセンター山口【訓練課】)

TEL

083-922-2143

FAX

083-922-1935

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る