本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 3D141 センサを活用したIoTアプリケーション開発技術<使用ボード:Tabraino> 受付中

訓練日程
令和3年12月13日(月曜日),14日(火曜日)
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
12時間
受講料
34,500円
定員
10名
対象者
IoTアプリケーション構築に関心をお持ちの方、3D12「組込み技術者のためのプログラミング(C言語)」を受講された方、又は同等以上の技術・技能をお持ちの方
訓練内容

IoT活用として環境モニタリングが注目されています。本コースでは、様々なセンサをマイコンやセンサネットワークと組み合わせた環境モニタリングシステムについて農業ICTを題材とし、栽培環境をモニタリングするために必要な技術、センサネットワーク概説、実習によるセンサネットワークの構築、クラウドサービスとの連携方法をハンズオンで習得します。

1.クラウド技術とIoT
 (1)センサネットワークとクラウド技術の概要 農業での環境モニタリング
2.IoTの活用事例
 (1)モニタリングとは
 (2)システムの構成・仕組み センサネットワーク概説とその技術
3.センサネットワーク技術
 (1)センサネットワークの概説
 (2)センサネットワーク用エンドデバイスの通信制御プログラム
4.環境モニタリング実習
 (1)総合実習
    (IoTゲートウェイのプログラミング、温度・湿度センサ、CO2センサ)の利用
 (2)クラウドサービスの利用
5.農業におけるモニタリング事例紹介
6.まとめ

使用機器・教材
各種センサ、ゲートウェイ用コントローラ、センサノードデバイスコントローラ
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター静岡
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る