本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

組込みマイコン技術科のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

訓練全体の目標人材像(訓練目標)

当科は、マイクロコンピュータを搭載した機器を開発するために必要なプログラミング技術(ソフトウェア開発技術)と、LEDやモータといった部品を動作させるための電子回路技術(ハードウェア設計技術)を習得します。さらに、IoT機器でも必要なインターネットを活用するためのサーバ構築技術を習得します。

訓練課題例

訓練課題例(ライントレースカー)

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 779時間(8月開講)
  • 666時間(9月開講)

訓練到達目標

1.「アナログ電子回路設計製作技術」

アナログ電子回路

測定器の使用方法から、トランジスタ・オペアンプといったデバイスを活用したアナログ電子回路の設計・製作に関する技能及び関連知識を習得します。

2.「デジタル電子回路設計製作技術」

デジタル回路設計

論理回路設計の基本・デジタルICを利用した回路設計及び、PLD(デジタル回路を自在に組み合わせられるIC)を活用したハードウェア記述言語によるプログラミングを習得します。

3.「ネットワーク機器開発」

ネットワーク機器開発

インターネット、ネットワークに関する基本、マイコンを使用した組込みネットワーク機器の設計・製作に関する関連知識を習得します。

4.「組込み開発のためのC言語プログラミング」

組込み開発のためのC言語プログラミング

C言語プログラミングの基本から、マイコンにおけるプログラム開発技術について習得します。

5.「マイコン周辺回路とプログラミング」

マイコン周辺回路とプログラミング

マイコンの構造、周辺回路の理解とマイコンの制御方法、プログラミング言語の活用法などを習得します。

6.「マイコンロボット製作」

マイコンロボット制作

電子回路CADを使用した基板設計・はんだ付け技術を習得し、マイコンを用いたライントレースロボットの設計・製作を行います。。


受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンを使用しますので、パソコンの基本操作(起動・終了、ワープロソフト、表計算ソフトなど)を習得していることで、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、テキスト代(約3,000円程度)等については、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

当該訓練分野の経験が無い方でも、下記のような関連職種に就職されています。

(前職)                  (修了後の職種)
サービス業          →        システム開発
運送業            →        制御盤作成
販売             →        情報通信業
営業             →        電気工事業


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種名

電気・電子技術者,ソフトウェア作成,プログラマ(制御系)

組込みシステムエンジニアの仕事

マイクロコンピュータは、産業機器だけではなく、車、家電、住宅設備、医療などの製品に幅広く搭載されています。そのため、プログラミングの知識だけではなく、電子回路やマイクロコンピュータ関連の開発の知識も要求されています。
 しかしながら、標準化されたものがない分野が多く、独創性を織り込むチャンスがあります。自社製品開発を除けば、多くの仕事は顧客先に出向き開発作業を行います。プログラミング作業のほかに、製品仕様等の打ち合わせや提案業務をする場合もあり、プレゼン能力があると活躍の場が広がることを期待できます。

職種(組込みシステムエンジニア)との相性(こんな方に向いている!)

  • 日進月歩で技術が進化し続けるので、新しい技術に興味と関心を持ち、自ら課題を見つけ自ら解決する意欲がある方
  • 周囲と協力して目標に向かって努力することができる方

訓練により就職可能な主な仕事

  • 組込みシステムの開発
  • 電気機械器具製造業などにおける開発
  • 情報通信機械器具製造業などにおける開発
  • 精密機械器具製造業などにおける開発

求人票に記載されている職種名

たとえば以下の職種に対して、組込み、制御、車載、ミドルウェアなどのキーワードで紹介されています。

  • ソフトウェア技術者
  • ソフト開発
  • プログラマ
  • システムエンジニア
  • エンジニア

就職後の仕事例(求人票より)

  • 生産工場での自動制御設計・製作・保守等
  • 製造業自動化現場の設備保全、設備改善
  • 制御盤の電気回路設計
  • マイコンを使用した電子回路の設計

就職率(修了後3か月までの実績)

63.9%(令和2年度)


修了者の主な就職先例

  • アウトソーシングテクノロジー
  • (株)モアソンジャパン
  • 清栄コンピュータ(株)
  • 三菱電機 静岡製作所 など

賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)実績
約10万円から28万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

  • プログラミングの知識を活かしたソフトウェア開発
  • ソフトウェアの試験(デバッグ)
  • パソコン、ネットワークの知識を活かした社内のシステムサポート
  • 電子回路の知識を活かしたハードウェア設計
  • マイコンや電子回路が搭載されている装置の保守、管理等

訓練修了時に取得できる資格

なし


任意に習得できる資格

 訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

基本情報技術者試験

 情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ」までを対象とした資格です。
※別ウィンドウで(独)情報処理推進機構のホームページが開きます。

((独)情報処理推進機構)

ディジタル技術検定

現在の情報社会では、コンピュータが必要不可欠であり、その技術をまとめた資格試験です。さらにIoTでも必要な情報技術をはじめ電子回路技術も含まれています。

ディジタル技術検定

就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

ポリテクセンター静岡(静岡職業能力開発促進センター) 訓練課 受講者係

TEL

054-285-7186

FAX

054-285-5192
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る