本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

コース番号 E044A 製造現場におけるLAN活用技術 〔セキュリティ編〕

訓練日程
令和5年3月6日(月) ・ 7日(火)
実施時間帯
9時15分 〜 16時00分
総訓練時間
12時間(2日間)
受講料
8,000円
定員
10名
対象者
ネットワークシステム管理業務に従事するされる方、レイヤ3スイッチ、ルータ、ファイアウォール装置を用いてセキュリティ対策技術を習得したい方
またLinuxの操作経験があることが望ましい。
訓練内容

サイバー攻撃からネットワークを防御するための知識・技術・技能を習得するコースです  

Kali Linux、ネットワーク機器を用いてサイバー攻撃の手法、脆弱性診断、セキュリティ対策に関する技術・技能を習得します。


教科項目・内容
ネットワークの概要とTCP/IP
暗号技術
ネットワーク機器の設定
  • レイヤ3スイッチ
  • ルータ
  • ファイアウォール装置
ネットワークセキュリティ
  • サイバー攻撃の手法
  • 脆弱性の診断
LAN構築
  • ファイアウォールの構築
  • セキュリティ対策

ファイアウォール装置設定画面


実習機材:ファイアウォール装置等

本コース受講前に、【E027|製造現場におけるLAN活用技術(LAN設定編)】を受講されることをお勧めします。
使用機器・教材
Cisco社製L3スイッチ(Catalyst 3560-CG Series)、
Cisco社製ルータ(Cisco 890 Series)、ファイアウォール装置(Netscreen-5GT)、PC
持参品・服装
実施場所
ポリテクセンター埼玉
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る