本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

修了生の声/機械・メンテナンス科(企業実習つきコース)

機械・メンテナンス科(企業実習付コース)
令和2年度9月入所生(令和3年3月修了)

40代 男性

受講の感想

製図~金属加工~メンテナンスといった流れで金属加工について広く学ぶ事ができました。

受講を検討されているかたへ

親切丁寧な先生ばかりなので、全く経験のない方でもしっかり学ぶ事ができます。

男性

受講の感想

自分の糧になり、色々と勉強になり良かったと思います。

受講を検討されているかたへ

勉強の仕方は人それぞれですが、頑張って自分の身になると思います。

30代 男性

受講の感想

受講した訓練では、2次元CADや機械別の加工、保守、メンテナンスについて学びました。訓練の内容は基本的な事を幅広く学ぶ事ができ、異業種への就職をするにあたっての不安が解消されるような内容でした。また、学ぶ意欲差あれば先生方もより深く親切に教えて下さるので、分からないことも都度聞く事ができて良かったです。

受講を検討されているかたへ

私は保守・メンテナンス関連の職種に内定を頂きましたが、企業実習中はポリテクセンター埼玉で勉強した内容を多く活用することがありました。幅広く学ぶことが出来、仕事に対する"きっかけ"を得るには良いと思います。

40代 男性

受講の感想

製図から金属の加工まで一連した流れを学ぶことが出来たのが良かった。

受講を検討されているかたへ

未経験でも一から学べるので興味があれば受講してみて下さい。

機械・メンテナンス科(企業実習付コース)
令和2年度5月入所生(令和2年11月修了)

男性

受講の感想

先生方をはじめ、所員の方々がとても親切で、訓練内容も非常に分かりやすく、現場の基本的な事に対して大変役に立ちました。

受講を検討されているかたへ

現場とのスキルは必ずしも一致しない場合も有りますが、製造業の基礎的なものを学ぶ上では、大変役立つ場所であると考えられます。

40代 男性

受講の感想

幅広く多種多様な経験ができ、実践することによって今後どの仕事に対しても仕事に入りやすくなる。また、指導員の知識、経験が深いため、知りたいことをより深く教えてもらうことができて良かった。

受講を検討されているかたへ

未経験の業種でもまずは知らないと入っていくには不安があるので、その第一歩として幅広く教えてくれる良い機会だと思います。

機械工作科(企業実習つきコース)
平成30年度5月入所生(平成30年11月修了)

池田 直樹 さん(20代 男性)

受講の感想
  • 良かったこと
    基礎的な部分が身についた。
    勉強するつもりがあるなら授業以外でソフトを使ってもよいこと
  • 大変だったこと
    実際に機械を使うとなると緊張しました。
受講を検討されているかたへ

やってみたいという気持ちがあれば、挑戦してみることが大切だと感じました。
立ち止まっているなら興味のある学科を受けてみるのも良いと思います。

40代 男性

受講の感想

最終的に就職出来たことも含めて、大変勉強になりました。(図面の見方、書き方、から教えていただきました)
訓練内容が幅広いので覚えることがたくさんあり大変でした。

受講を検討されているかたへ

就職活動は早めに進めた方が良いと思います。(企業実習先が就職先になる事が一番良いと思います)
なお、フォローアップは9日間と短いので実質訓練期間中に内定をもらうことは難しいです。

20代 男性

受講の感想

同じ目標を持った人が周りにいて、一人で就職活動するより刺激になった。
基礎的な知識を身につけられた。
10日間ほどで1つのプログラムが終了するため、覚える事が多く大変だった。

受講を検討されているかたへ

機械加工の様々な基礎的な知識を身につけられるため、良いと思います。

30代 男性

受講の感想

JIS規格図面の読み方や機械加工時の条件設定などを学べたことが良かった。製図や二次元CADなど扱ったことのない授業が大変だった。

受講を検討されているかたへ

製造業の仕事に従事するなら、有意義な受講内容です。

20代 男性

受講の感想

いろんな機械に触れて、加工などもできたので今後につながると思います。
専門用語が多く、NC、マシニングでは覚えるのが大変でした。

受講を検討されているかたへ

あまり触ることのできない機械とかがあるので、ものづくりに興味がある方はやってみてほしいです。

奥山 昌範 さん(30代 男性)

受講の感想

まったくのゼロからある程度の操作ができるレベルまで技術を習得できた。
仲間(クラスメイト)と切磋琢磨して学ぶことでモチベーションを維持できた。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る