本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

生産性向上支援訓練 受講者所属企業・受講者の声

利用者が語るポリテクセンター関西の生産性向上支援訓練

当センターの生産性向上支援訓練を利用していただいているウツエバルブ株式会社の代表取締役社長、並びに受講者の方にお話をお伺いしました。

代表取締役社長の植田様

代表取締役社長の植田様

【利用されたコース名】
職場のリーダーに求められる統率力の向上

【コースのねらい】
職場の生産性を向上するために必要となる各種経営組織や形態に対応できる管理機能や職位に応じた組織を統率するための能力を理解し、職場のチームワークを牽引できる能力を習得する。

代表取締役社長へのインタビュー


生産性向上支援訓練利用のきっかけ

弊社は1931(昭和6)年の創業以来、バルブ専門メーカーとして我が国の工業とともに発展して参りました。生産性向上支援訓練を利用したきっかけは、管理職としての心構えや部下に対しての指導法等を教育させたかったからです。

生産性向上支援訓練利用のメリット

受注産業のため業務が立て込むこともあり、平日だとなかなか研修に参加させることが出来ないのですが、ポリテクセンター関西様から土曜日に講師を呼んでご指導いただくことができると伺い、制度を活用することにしました。安価な受講料で日程や場所、研修内容等も要望に合わせて実施できるのが、オーダーコースのメリットだと思います。
また、一方的に講師の話を聞くだけではなく受講者参加型の訓練で、研修に慣れていない受講者にも分かりやすい内容で実施していただけました。訓練を受講してから、部下に対しての接し方やコミュニケーションの取り方等、一人ひとりの意識が変わったように思います。

生産性向上支援訓練に期待することがあればお聞かせください

弊社は70代~80代の社員も活躍しており、今後はノウハウの伝承を進め若い世代の活躍の場を作っていくことも必要だと考えています。
今後は、若手社員、中堅社員、ミドル世代を対象とした階層別研修や技能研修両面で、ポリテクセンター関西様を活用させていただきたいと思います。

受講生へのインタビュー


現在担当している仕事はどのようなものですか

私は総務部所属で総務・経理・庶務全般の管理を担当しています。

生産性向上支援訓練を受講した感想をお聞かせください

今回の研修で、他部署の管理職と困りごとや悩みごとの共有が出来たことや、Z世代と呼ばれる若い方の特性や関わり方等を教わり大変参考になりました。部下とのコミュニケーションの大事さ、アプローチの仕方など価値観カードを使った演習で、相手の価値観を踏まえて接することの大切さを考えるきっかけにもなりました。

今後の抱負をお聞かせください

若い世代が自分の会社に愛着を持ち、長く働き続けられるような職場づくりをしていきたいです。

取材にご協力いただいた会社情報

事業所名:ウツエバルブ 株式会社
所在地:大阪府大阪市大正区北村2丁目1番13号
設  立:昭和18年12月9日
資 本 金:9,800万円
社 長 名:代表取締役社長 植田 恭弘
社 員 数:134名
事業内容: 特殊鋳鍛鋼製・普通鋳鍛鋼製・ステンレス鋼製各種バルブ類・各種配管機材の製造販売、バルブのメンテナンス事業
ホームページ:
会社写真
http://www.utsue-valve.co.jp/(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ先

生産性センター業務課

TEL

06-7670-7007

FAX

06-6383-0961

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る