本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

板金・溶接科(企業実習付きコース)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

鉄工業や板金業などのものづくり分野に従事するために必要な知識と共に、様々な金属の溶接方法、プレスなどの成型加工に関する技能と機械操作方法、安全作業を習得します。

訓練目標

  • 半自動溶接法、TIG溶接法による薄板の溶接施工ができる人材を育成します。
  • 鉄鋼材の加工および機械板金作業ができる人材を育成します。

訓練内容

1.「TIG(ティグ)薄板溶接」

・工場配管やステンレス、アルミ製品に
 用いられる溶接

ティグ薄板溶接作業

2.「炭酸ガスアーク溶接」

・様々な業種で活用される溶接
・板金製品の溶接

炭酸ガスアーク溶接作業

3.「被覆アーク溶接/機械板金」

・屋外での工事や据え付け作業に用いられる被覆
 アーク溶接
・機械による曲げ加工
・鋼板の切断加工

機械板金作業

4.「金属加工基本」

・図面の見方
・材料の切断、穴あけなどの機械の使い方
・ガス溶接技能講習

材料の切断作業

5.「企業実習」

・企業にて実際の製品現場を体験し製品製造の
 流れを理解する

企業実習作業

6.「フォローアップ」

・企業実習で得られた経験をもとに、知識、技能
 をブラッシュアップする

溶接作業

受講要件

各訓練科共通事項

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
  • 離職者訓練コースの内容を理解し就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障ないような健康状態である方
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

    ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できない場合があります

当該訓練分野の経験

特に必要ありません。


受講料

無料です。
ただし、以下のとおりご準備していただくもの等があります。

  • テキスト代:6,000円程度
  • 保険料
  • 作業着(綿100%)、安全靴、軽作業用皮手袋をご自身で準備してください

受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

前職 修了後
接客業 製缶組立工
引越作業員 溶接工

職種と仕事内容

主な職種

溶接工、製缶工、鉄工、板金工

仕事の概要

長崎県には多くの造船所が存在しており、大型客船や大型タンカー、LPG船等の船舶のほか、関連する設備や構造物などと多くの製品を金属加工技能・技術を用いて製造しています。
さらに、溶接構造物(鉄骨建築物)や製缶、機械装置・部品の組み立て溶接など多くの金属加工に関する企業が存在しています。
製造では、仕様書や図面等を元に材料素材の切断、組立、溶接、仕上げの作業工程において多くの職種の技能者・技術者が製品製作を行います。
溶接工は、製品製造が適切に行われるために採用された溶接法に応じて、最適施工条件で目的に沿った欠陥のない溶接製品を提供する仕事です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 各種産業機械・建設機械の分解・組立・溶接修理
  • 公共施設から民間大型物件、新社屋等の溶接加工
  • 各種装置の生産ライン業務(企画、設計、製作、改造、設置等)
  • 回転機の台座や冷凍機部品、陸・船用タービン部品の製缶加工
  • 造船所構内(修繕船・新造船)請負業務、非破壊検査業務
  • 圧力容器の溶接加工、工作機械の溶接加工、大型機械の据え付け台の溶接
  • 造船所で船の製造において組立、溶接、仕上げ作業
  • 造船所内において鉄工、溶接、機械製作及び安全管理業務
  • 鉄骨建築物の製作のための溶接加工、鋼構造工事と総合建設工事
  • 建築金物の溶接加工
  • 建設機械の修理や補強溶接
  • 船体を創り出す船殻工事、艤装工事に伴うブロックなどの溶接作業
  • 製缶品組立・鋼構造物製作取付・鉄骨工事・機械移設

求人票に記載されている職種名

  • 溶接工
  • 製缶工
  • 鉄工
  • 板金工

就職率

100%(令和元年度実績)


修了生の主な就職先(五十音順)

  • 株式会社ケンコー
  • 株式会社トーセン溶建
  • 株式会社吉本ハイテック
  • 中野鉄構株式会社
  • 有限会社中村製作所

修了時に取得可能な資格

ガス溶接技能講習修了証(長崎労働局登録教習機関第014-1号令和6年3月30日登録有効期間満了)

ガス溶接等の業務は、労働安全衛生法第61条によって下記の者でなければ就業してはならないこととされております。
当センターは、都道府県労働局長の登録を受けた教習機関となっており、訓練修了者に対して修了証が当センター所長名で交付されます。

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で、アーク溶接等の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

動力プレスの金型等の取付け、取外し又は調整の業務に係る特別教育修了証

労働安全衛生法第59条第3項及び労働安全衛生規則第36条で動力プレスの金型、プレス機械の安全装置又は安全囲いの取付け、取外し又は調整の業務に労働者を就かせるときは、事業者が「安全衛生特別教育規程」に基づく安全または衛生のための特別の教育が義務づけられています。
本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。


任意に取得する資格

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。
受験には、学歴・実務経験が必要な場合があります。
資格の詳細につきましては、各実施期間へお問い合わせください。

JIS溶接技術者評価試験

主催機関

一般社団法人日本溶接協会


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の 能力開発セミナー 受講でさらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。

担当講師から

板金・溶接科(企業実習付きコース)の特徴は、18日間の企業実習があることです。
実際の製造現場(金属加工業)を見たり、作業を行うことで就職がより現実的なものとなります。
実習先の企業へ就職した先輩達もたくさんいます。


企業実習付きコース(短期デュアルシステム)とは

企業実習付きコースとは?

施設・設備の充実したポリテクセンターで約4ヶ月間訓練を行った後、事業所での18日間の「企業実習」を行います。
受講対象者は、就職氷河期世代の概ね55歳未満の方です。
企業実習では、それぞれの事業所(工場や事務所)内で実際に仕事を体験しながら、より実践的な知識・技能を習得します。

企業実習付きコースの訓練の流れ

受講生のメリット

  • 企業実習を通じて、自分の適性を見極めることができます。
  • 企業での実務訓練を通じて実践力が高められるため、就職が有利になります。
  • 企業実習後、条件が合致すれば実習先で採用される場合があります。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る