本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備技術科のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

電気設備工事、制御に関する知識・技能について基礎から習得するとともに、ものづくりに必要な関連知識を”安全第一”で習得します。

訓練目標

  • 電気設備工事ができる人材を育成します。
  • シーケンス制御及び消防設備の設計・施工、PLC制御回路の設計ができる人材を育成します。

訓練内容

1.「電気設備工事1」

・電気理論と電気関係法規
・電気測定
・配線図
・器工具使用法
・ケーブル配線

一般電気設備工事作業1

2.「電気設備工事2」

・金属管配線
・可とう電線管、金属せんぴ
・合成樹脂管配線
・リモコン配線
・引込み口配線

電気設備工事2

3.「電気設備工事3」

・電気CAD
・応用課題
・配電、配線設計
・住宅配線

電気設備工事3

4.「シーケンス制御」

・電気回路
・低圧電気取扱者特別教育
・有接点シーケンス制御(基本・モータ制御)
・給排水制御

シーケンス制御

5.「PC制御及び防災設備」

・制御盤作成技術
・PC(プログラムマブルコントローラ)制御
・消防設備

PC制御及び防災設備

6.「空調・LAN設備・太陽光システム工事」

・空冷式エアコン
・LAN設備
・高圧電気取扱者特別教育
・太陽光システム

空調・LAN設備・太陽光システム工事

受講要件

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障ないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。

    ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できない場合があります

当該訓練分野の経験

特に必要ありません。


受講料

無料です。
ただし、以下のとおりご準備していただくもの等があります。

  • テキスト代:10,000円程度
  • 保険料(任意)
  • 作業着、軽作業用手袋をご自身で準備してください

受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

前職 修了後
半導体製造業 携帯電話基地局保守
介護 電気工事

職種と仕事内容

一般的な職種名

電気工事作業者

仕事の概要

建築物の付帯設備として電気設備の工事に従事します。
具体的には、ビル、工場、商店、住宅などの照明設備や動力設備の屋内配線工事を行います。
また、その付帯設備の中に含まれる自動制御(シーケンス制御)に関する配線作業及び工事も行います。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 屋内配線の設計施工業務
  • 電気設備機器据付管理業務
  • 電気機器組立て修理業務
  • 太陽光発電設備の設置業務

求人票に記載されている職種名

  • 電気工事士
  • 制御盤組立工
  • 設備施工管理

就職率

95.6%(令和元年度実績)


修了生の主な就職先(五十音順)

  • 株式会社三恵電業
  • 株式会社水明テクノス
  • 協和機電工業株式会社
  • 服部産業株式会社
  • 有限会社中央電気製作所

修了時に取得可能な資格

高圧電気取扱者特別教育修了証

本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

<対象業務>
高圧もしくは特別高圧の充電電路もしくは当該充電電路の支持物の敷設、点検、修理若しくは操作の
業務

低圧電気取扱者特別教育修了証

本特別教育は、訓練中に実施し、修了時に特別教育修了証が当センター所長名で交付されます。

<対象業務>
1.低圧の充電電路の敷設若しくは修理の業務
2.配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路のうち充電部分が露出している開閉器の
  操作の業務


任意に取得する資格

訓練コースに関連する分野の国家資格の一例です。
電気工事士の資格は、電気工作物の種類によって従事できる範囲が区別されています。
資格の詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせください。

第2種電気工事士

暮らしに直結した家庭や商店などの低圧屋内配線に関する電気工事の作業に従事する事ができます。

主催者

一般財団法人電気技術者試験センター

消防設備士

甲種消防設備士は、消防用設備等又は特殊消防用設備等(特類の資格者のみ)の工事、整備、点検ができます。 乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うことができます。

主催者

一般財団法人消防試験研究センター


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の 能力開発セミナー 受講でさらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。

担当講師から

現代社会で電気は、日常生活や産業活動に欠かすことのできない重要なエネルギーとなっています。
しかし、ビル・工場で停電や機器に故障などが発生すると生産設備が停止し、大きな損害を被ることになります。
このため電気設備に携わる従事者は安全に行うための知識と技能を有する事が重要です。
電気設備技術科で電気を基礎から学び社会に貢献しましょう。

お問い合わせ先

ポリテクセンター長崎(長崎職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

0957-22-2324

FAX

0957-22-2325

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る