本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 M0A2 生産性向上を目指した生産管理手法 受付中

訓練日程
11/24.25.26
実施時間帯
9:15〜16:15
総訓練時間
18時間
受講料
17500円
定員
14名
対象者
生産現場における生産管理等の業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項

2.製造業における生産管理手法
(1)生産管理の要点
  イ.生産の目的及び生産(製造プロセス)と管理(PDCA)
  ロ.生産管理に用いる環境と手段及び生産管理の重要視点
  ハ.生産の環境と生産管理に求められるツール
(2)各業務別管理の要点 
  イ.生産計画と生産指令  
  ロ.工程計画  
  ハ.材料手配
  ニ.生産    ホ.生産技術開発    ヘ.設備保全 
  ト.進捗調整と在庫管理及び納期確保
(3)生産管理の新しい手法と方向性
  イ.設備投資         ロ.リエンジニアリング
  ハ.ロジスティクスとその考え方
  ニ.SCM(Supply Chain Management)
  ホ.ERP(Enterprise ResourcePlanning) 
    

3.生産管理手法による課題実習
(1)課題の現場における生産管理上の問題点洗い出し(課題シート)
  イ.遅れや不具合の洗い出し、何を変えるべきか。
  ロ.生産現場にどのような生産性を実現し機能を備えたいか。
(2)生産ラインにおける改善計画の考察(課題シート)
  イ.問題点を解決するための手法を考える。
  ロ.短期計画(1年内)、中期計画(3年内)の計画書作成
(3)発表・討議 講師のアドバイス課題例:板金加工工場(材料切断→プレス→溶接→塗装→検査→梱包)の模擬ラインを事例にした課題実習
   
       

4.まとめ
(1)質疑応答
(2)訓練コース内容のまとめ
(3)講評・評価

使用機器・教材
模擬ライン
持参品・服装
実施場所
本館2F 203教室
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る