本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住環境計画科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

住宅内装や設備に関する施工技術者や住宅に関する営業・事務・設計補助への再就職を目指すコースです。
CAD技術、インテリアコーディネート、住宅内装・設備施工に関する技能と知識を習得します。

訓練全体(6か月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 建築構法及び住環境・福祉を理解し、環境とクライアントに最適な住宅改修(コーディネート)の提案ができる技能と知識を習得します。
  • 住宅改修(コーディネート)の提案を行う上で理解しておくべき、内装・インテリア施工及び設備施工などができる技能と知識を習得します。
訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 660時間

訓練到達目標

1.「住環境改修計画」

建築物・住環境の概要、関連法規について理解し、住環境の計画に関する技能と知識を習得します。

住環境改修計画

2.「建築CAD」

CADの基本操作から木造住宅の平面図・立面図など各種図面の作成に関する技能と知識を習得します。

建築CAD

3.「サービスの基本・インテリアコーディネート」

顧客の要求する価値を理解し、サービスの基本や顧客対応マナー、コミュニケーション技法およびインテリアエレメントのコーディネートに関する技能と知識を習得します。

サービスの基本・インテリアコーディネート

4.「内装施工」

平屋建ての木造住宅の内装を施工し、床・壁・天井の仕上げ(壁紙、フローリングなど)に関する技能と知識を習得します。

内装施工

5.「住宅設備施工(電気・給排水)」

電気設備および給排水設備の概要を理解し、設備施工に関する技能と知識を習得します。

住宅設備施工(電気・給排水)

6.「建築3次元シミュレーション住環境改修提案」

3次元CADデータの作成やレンダリング、画像合成によるシミュレーション手法、住環境改善提案に係るプレゼンテーション技術および模型製作などの技能と知識を習得します。

建築3次元シミュレーション住環境改修提案

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • CAD操作にパソコンを使用しますので、パソコンを使用したことがある方(文字入力、マウス操作など)は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。
ただし、テキスト、作業帽などの実費が必要になります。(6,000円程度)


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

住環境計画科は2021年度新設コースのため、前身となる住宅内装計画科の状況を参考に掲載します。
 未経験の方でも、下記のような関連職種に就職されています。
 ただし、必ずしも下記のとおり就職できるとは限りませんので、ご了承願います。

(前職)            (修了後の職種)
・事務           →住宅設備機器販売
・事務           →住宅リフォームアドバイザー
・接客・運営(サービス業) →営業(不動産)
・販売(小売業)      →接客・販売(ショールーム)


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

住宅内装や設備に関する施工技術者、住宅関連の営業・事務・設計補助など。

内装工の仕事

建物の内装、床、壁、天井などの仕上げ作業をします。床にはフローリング材やタイル、カーペットなどを敷き、壁や天井にはクロスや石膏ボードを張ります。また、ブラインドを取り付けたり、ふすま、障子の紙張りなども担当します。建材やデザインの多様化に合わせて、勉強が必要な仕事です。美的センスと手先の器用さが求められます。(「ガテン」仕事図鑑より)

建築営業・事務

住宅展示場に来たお客様への応対や、カタログ請求のお客様リストを元に電話・訪問を行います。住宅購入やリフォームのための的確なアドバイスと、プレゼンテーション能力・接客能力が重要です。お客様との信頼関係を築くためにも、幅広い知識が必要です。

職種(内装工、建築営業・事務)との相性(こんな方に向いている!) 

"ものづくり"に興味があり、空間(立体)判断力は、建築のどの分野にも必要となります。細かい分野(内装工、建築営業・事務)に関しては上記の仕事内容に記載されたことに、興味とやる気のある方が向いています

訓練により就職可能な仕事

  • ショールーム、展示場の案内、木造住宅の設計・事務・営業職、内装施工

求人票に記載されている職種名

建築設計補助、住宅アドバイザー、建設会社事務、住宅営業、内装施工、住宅設備関連

就職後の仕事例(求人票より)

  • 住宅営業でCAD操作、プラン作成
  • 注文住宅営業、住宅リフォーム営業
  • 建築図面のCADオペレーティング業務
  • 一般建築の設計およびアシスタント(設計は要資格)

就職率

住環境計画科は2021年度新設コースのため、前身となる住宅内装計画科の状況を参考に掲載します。 令和元年度 92.5% 平成30年度 90.7% 平成29年度 87.5%


修了者の主な就職先

  • 今泉設計(郡山市)[建築設計]
  • (株)梅津工業[建築施工・設計]
  • (株)カンノ住研(福島市)[住宅営業]
  • (株)四季工房(郡山市)[設計]
  • 積和建設東北(株)(福島市)[施工管理]
  • 大地工房(株)(福島市)[リフォームアドバイザー]
  • 日東物産(株)(福島市)[現場管理]
  • (有)福島住宅サービス(伊達郡桑折町)[住宅内装]

賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 約18万円から23万円 ※年齢・経験・資格・家族構成等により異なります。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了することで、建築の基礎知識、図面の読み方、CAD操作、住宅内装・設備施工に関する知識・技術を身につけることができます。ただしあくまでも本人の意欲と継続した学習が必要です。 どの科目も訓練期間は1ヶ月程度のため、復習を怠ると忘れてしまいます。就職先企業に作品を提示することも重要ですので、面接時に持参できるようにまとめておきましょう。 建築の基礎知識は、建築に関連するどの職種においても役立ちます。さらに建築CADの図面作成技術は、読図能力と併せて重宝されます。また、建築と非関連の職種に就いた場合でも、大いに活用できます。 建築関係の仕事は、どの職種も『対・人(ひと)』です。ものづくりとは言っても、それを使うのは人間です。常にお客様の立場になって考えましょう。 期間で能力を測れるものではありませんので、まずは続けることが大切です。


訓練終了時に取得できる資格

なし


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

  • 建築CAD検定[全国建築CAD連盟]
  • インテリアコーディネーター[公益社団法人 インテリア産業協会]

就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の修得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ先

ポリテクセンター福島 【訓練課 受講者第一係】

TEL

024-534-3644

FAX

024-533-6610

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る