本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

生産性向上支援訓練 利用者の声

東芝EIコントロールシステム株式会社 九州事業所様

所在地:福岡県鞍手郡鞍手
従業員数:520名(内九州事業所 194名)
利用コース:品質管理基本 1コース
      品質管理実践 2コース
      業務効率向上のための時間管理 1コース

利用部門長様の声(品質管理実践)

 当社製品のソフトウェア設計において、軽微な問題から重大問題まで品質問題が顕在化しており、少しでも製造ウエストや客先クレームを減らしたいとの思いで、品質問題が発生した時の用品分析の行い方、再発しない為の防止策の検討、組織としての取組み等、品質管理に関する意識を高めたいとの思いで受講を決めました。
 訓練では品質管理の考え方は基より、設計段階における異常の発見方法についてQC手法(今回は連関図)を用いて実践し習得する事が出来ました。さらには品質管理のポイントはPDCAを出来るだけ早く、多く回す事で特に改善では問題意識を強く持つ事だと社員一人ひとりと共有出来たと思います。
 今後は訓練で実践した問題点解決手法を参考にして、問題点発生時の真因を探し出し問題点の再発防止と未然防止に繋げていきたいと考えています。

受講者様の声(品質管理実践)

 私が所属しているソフト設計グループでは、製作ソフトの品質向上を目的として現調部門や試験部門から挙がってくる問題に対し、「原因解析→改善施策検討→改善施策運用」を都度実施しています。ただ、施策内容や運用方法が
上手く機能せずに同様の問題が再発してしまうことがありました。
 訓練を通してQC7つ道具を利用した問題解決手法を学ぶことが出来たため、問題に対する有効な解決施策を打ち出すことが出来るのではないかと感じています。
 今後は本訓練で学んだことを活用して、様々な問題に対する品質管理を取り組んでまいりたいと思います。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る