生産電気システム技術科

学科紹介 応用課程 生産電気システム技術科 専門課程 電気エネルギー制御科から進学

応用課程とは

急激な産業構造の変化により、企業は製品等の高付加価値化や新分野への展開が不可欠となっております。このような状況に対応するために、高度な知識や技能・技術に加え、企画・開発力や幅広い応用力を持つ人材が必要とされています。
応用課程では、グループ学習や課題学習を中心とした新しい教育訓練システムにより、産業界で必要とされている生産現場のリーダーとしての素地を習得することを目標としています。

学科概要

エネルギーのイノベーションに対し
産業界で必要とされる生産現場等の
リーダーの育成を目指します。

生産電気システム技術科では「自然エネルギー利用技術」、「電動力応用技術」、「工場自動化技術」に関するテクニカルスキルの向上に加え、ものづくりに必要な「企画開発力」、「生産管理能力」及び「プロジェクト推進能力」などのヒューマンスキルの向上を目標にしています。
仕上がり像として、省エネルギー化や環境を考慮したシステムや製品の企画・開発から生産工程の改良・改善・運用・管理等に対応できる高度なテクニシャンエンジニアの育成を目指します。

生産電気システム技術科が取り組む4本柱は以下の通りです。

  1. 電気技術……………… 太陽光・風力発電等の自然エネルギーの利用技術を習得する。
  2. エネルギー技術……… 電力の蓄電、電動機のエネルギー回生技術を習得する。
  3. 制御技術 ……………… 電気・電子回路の設計・製作及び、自動化技術を習得する。
  4. マネジメント技術 …… 企画開発・生産管理・プロジェクト推進能力を取得する。

標準課題実習作品

  • 電気自動車 電気自動車の製作
    この実習では、4名を1グループとして、グループワークで製作に取り組みます。
    実際に、銅線を手巻きしてDCモータとブラシレスモータをつくり、スピードや力(トルク)が大きくなるように、巻き方を工夫します。
    また、製作したモータのトルクとスピードを制御するための回路も設計・製作し、さらに、回転数や電流の大きさを液晶画面に表示させます。
    最後に、製作したモータと制御回路をカートに搭載し、試走を行います。

卒業生の声

  • 2016年度卒 沖縄電力株式会社

    伊藤 広樹

    浦添高等学校出身

    OB写真

    応用課程では、より専門的な知識だけではなく、授業の大半が実験・実習やものづくりであるため、実践的なスキルも学ぶ事が出来ます。
    特に2年次に他科と合同で行う開発課題ではグループ全員で協力し合い円滑に物事を進めること、自分の役割、コミュニケーションの大切さを改めて感じ、社会人として必要な事も身につける事ができました。
    私はこの開発課題で海洋ロボットの製作をしており、ロボットの技術力を競う大会「水中ロボットコンベンション」と「海洋ロボットコンペティション」のAUV部門で最優秀賞を受賞する事が出来ました。
    また、私は資格試験にも力を入れていて、優しい先生方のサポートもあり電験二種を取得する事が出来ました。
    そして、応用課程で学んだ専門的な知識や技術をいかせる電気関係の仕事に就きたいと思い、沖縄電力株式会社に入社しました。
    沖縄電力株式会社では、沖縄全域に安全に電気を届け、貢献できるように努力していきます。

教員から一言

  • 先生写真

    生産電気システム技術科

    皆川 要 先生

    生産電気システム技術科のカリキュラムは、専門課程で習得した電気関連の知識・技術をより深めた内容となっています。太陽光発電や電気自動車をテーマとした“ものづくり“の実習を通して、自然エネルギーの利用技術や制御技術などを学びます。また、学生同士でグループを組み、製品の企画から設計・製作までを行うので、技術の習得以外にも、コミュニケーション能力やマネジメント能力が身につきます。
    “ものづくり“を学びながら、社会に貢献できる技術者を目指しましょう。

主な就職先
(過去3年の進路状況)

県内企業

沖縄テレビ放送㈱ / ㈱沖電工 / 沖縄電力㈱ / 沖縄セルラー電話㈱ / (一財)沖縄電気保安協会 / 沖縄ゼロックス㈱ / 沖縄プラント工業㈱ / 沖縄日立ネットワークシステムズ / ㈱エネテック / ㈱環境設計国建 / 桐和空調設備㈱ / ㈱プロトソリューション / ㈱沖縄ホーチキ

県外企業

㈱きんでん / 富士古河E&C㈱ / ㈱ジェイペック / サトーホールディングス㈱ / トーテックアメニティ㈱ / ㈱阪技 / (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構

MENU

メニューボタン